【経営学部】スポーツマネジメント学科【経営学部】スポーツマネジメント学科

多彩な教員による授業や学外フィールドワークを通じて、マーケティングから財務分析まで、スポーツ産業における経営や企画、管理、運営を学び、スポーツ産業をはじめ組織が抱える多様な課題の解決に貢献できる人材をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    スポーツ産業における経営の基礎知識を身につける

    スポーツ産業の現状や課題、マーケティングやプロモーション戦略の基本的な考え方など、スポーツ産業界で活躍する人材に求められる専門的な知識の基礎を身につけます。

  • Point

    2

    スポーツ産業で活躍する実践力を身につける

    学外フィールドワークやインターンシップに加え、国内外の最先端のスポーツビジネス現場での調査研究を通じて、スポーツ産業で活躍するための実践力を身につけます。

  • Point

    3

    スポーツ界で働くために欠かせない課題解決力を身につける

    スポーツ関連企業やプロスポーツクラブなどで活躍する人材を育てるため、経営やマネジメントの フレームワークであるPDCAサイクル(Plan→Do→Check→Action)を体験的に学修しながら、課題解決力を磨きます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    専門演習2

    「研究・企画とは何か」「企画の立て方」「マーケティングリサーチ」などをキーワードに、スポーツマネジメントの研究方法・企画立案について学修します。実際に研究・企画書作成を行い発表することで、卒業研究に必要な論理的思考を実践的に修得します。

  • 写真

    Pick Up

    2

    スポーツビジネス体験

    プロバスケットボールの試合や陸上競技大会などのイベントでボランティアとして活動しながら、スポーツビジネスで求められる理論と実践を修得します。会場のセッティング、受付、ショップでの販売などの体験を通じ、大会運営や施設管理の基礎知識を学修します。

Pick Up! 教員

スポーツを通じて社会を捉える眼をさまざまな経験を積んで養おう。

めざすのは、健康・医療・観光・食・IT・メディアなど多領域にまたがるスポーツ産業で活躍できる人材の育成。講義や豊富なフィールドワークを通じて「スポーツの本質を見る眼」と「スポーツを通じて社会を捉える眼」を養います。気さくな教員と一緒に、貴重な経験を積みましょう。

菅 文彦准教授

専門は地域スポーツ経営論。博士(スポーツ科学)。ITメディア企業のスポーツコンテンツ企画、スポーツデータ分析会社代表、早稲田大学スポーツビジネス研究所招聘研究員などを歴任。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・アシスタントマネジャー
  • ・スポーツイベント検定
  • ・リテールマーケティング(販売士)2級・3級
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・実践キャリア実務士Ⓡ
  • ・上級ビジネス実務士Ⓡ
  • ・フィットネスクラブ・マネジメント技能士3級  など
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1・5) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。
  • ※5 申請予定の教職課程が認可された場合に取得可能となります。

卒業後の進路

スポーツ関連流通業、スポーツ用品メーカー、スポーツサービス業、地域スポーツクラブ、一般企業、公務員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

経験談や学外活動を通じてスポーツ産業の実情を学ぶ。

スポーツと経営学が同時に学べるのは全国的にも珍しく、両方に興味があった私にはぴったりでした。一番の魅力は先生の経験談やスポーツ業界で働いている人の話を授業で聞けるところ。イベントへの参加などを通じてスポーツ産業の実情を学ぶことができます。

伊藤 千敬さん  2年生

写真