【経営学部】 公共政策コース【経営学部】 公共政策コース

現在日本では少子高齢化や多発する自然災害の影響により、これまで行政が提供してきた公共サービスに加え、課題を解決する新しい公共を実現する力が必要とされています。
本コースでは国や地域の課題を経営的な視点で捉え、多様な人々と協働してよりよい公共サービスを実現できる人材を育成します。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    連携先自治体との連携授業で地域課題解決を実践的に学べる

    連携先の自治体において、現地調査・住民からの聞き取り・意見交換などを通じて地域の課題を発見し、実際に自治体に提案。実践的に解決する方法を学べます。

  • Point

    2

    少人数教育とチューター制による手厚いサポート

    公務員、企業、研究所など豊富な実務経験や多様な専門分野の教員から、社会で必要とされる実践的な力を少人数で学びます。
    また、チューター制により学生一人ひとりに担当教員が付き、学習・進路まで一環してサポートします。

  • Point

    3

    公務員になる夢を強力にバックアップ

    公務員をめざす学生のために、学内ダブルスクール「大阪成蹊公務員Passプログラム」を用意。また、学生がいつでも自習に利用できる専用学習スペースを設けています。

大阪成蹊公務員Passプログラムとは

外部の専門業者大阪成蹊公務員Passプログラム(LEC東京リーガルマインド)を学内に招聘し、通常の授業時間帯に専門講座を受けられるプログラムです。
受講料は大学が負担するため年間約3万円の教材費のみで受講することができるので、時間・費用を大きく節約し効率よく学ぶことが出来ます。
※専門試験の対策が必要となる一部の職種については、別途オプション講座を用意しています。

大阪成蹊公務員Passプログラムの特徴

大阪成蹊公務員Passプログラム

公務員合格をめざすカリキュラム

大阪成蹊公務員Passプログラム

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    地域経営入門

    私たちにとってもっとも身近な「地域」について、基本的なしくみや市町村などの行政、各種団体、企業、住民などの役割などを学びます。また、実際に地域で活躍する方々の話を聞いたり、活動の場を見学して、地域の現状や課題について理解を深めたり、フィールドワークの手法を学びながら課題解決に向けた解決の糸口を探ります。

  • 写真

    Pick Up

    2

    地域協働論

    自治体、企業、金融機関、NPOなど、地域に関わる団体の役割や団体間の連携による地域の取り組みについて学びます。また、自治体と連携して、「さまざまな世代が住みたいまちづくり」への提案に向けて、現地調査、住民からの聞き取り調査、意見交換など、地域が抱える課題に対して提案を行いながら、実践力を養います。

Pick Up! 教員

地域で活躍する「地域公共人材(公務員など)」をめざして、公共マインドや知識を学びましょう。

人口減少、高齢化、災害、環境問題など地域が抱える問題はさらに複雑化・多様化しており、従来以上に多様な解決策が求められています。地域社会の仕組みとともに、新たな課題解決策も学び、社会貢献度の高い、やりがいのある仕事に就く将来像をともにめざしましょう。

大島 博文教授

専門は公共経営論。30年間、神戸市役所、地域シンクタンク に勤務。阪神・淡路大震災時の防災対応や復興事業に貢献。近畿地区のさまざまな自治体の公務員とネットワークを組み、地域公共人材の育成にも取り組んでいる。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・行政書士
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・宅地建物取引士
  • ・ビジネス実務法務検定Ⓡ2級・3級
  • ・リテールマーケティング(販売士)2級・3級
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1)など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(社会)
  • ・高等学校教諭一種免許状(公民)
  • ・高等学校教諭一種免許状(商業)(※4)
  • ※4 申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

めざす卒業後の進路

市町村公務員(地方上級職)、国家公務員、警察官、消防士、準公務員(独立行政法人、国立大学法人など)、ほか公共性の高い仕事(信用金庫、JA、交通機関、商工会議所、企業 のCSR部門のほか、公益法人、NGOなどの非営利組織など) など

カリキュラム