看護学部看護学部

人の心に寄りそえる看護のプロフェッショナルへ。

超高齢化社会の到来により、医療機関、介護施設、在宅など、看護師が必要とされる場面は拡大します。そこでは、従来の病院看護はもちろんのこと、医師・看護師・保健師などの多職種連携を深く理解し、それぞれの地域において多様化・複雑化する医療・看護ニーズに応えられる看護師が求められています。大阪成蹊大学の看護学部では、看護師に必要な知識・技術に加え、患者や家族からの信頼を得られる高い人間力と、多様な医療ニーズに応える課題解決力を備えた看護師・保健師を育成します。

特設サイトバナー

5つの学びのポイント

  • Point

    1

    実習を重ねながら高度な専門性を身につける

    • 専門講義と学内実習、病院・施設実習を繰り返し、着実にステップアップ
      求められる医療と看護の知識・技術を着実に身につけるカリキュラム
    • 看護の未来に向けて学び続けるロールモデルとなる教員から学ぶ
      現場での豊富な実践経験や、優れた研究実績を持つ教員陣がていねいに指導
    • 実習先の病院などと連携したていねいな実習指導を徹底
      総合病院や大学附属病院、地域の訪問看護施設などでの充実した実習
    • 専門講義と学内実習、病院・施設実習を繰り返し、着実にステップアップ
      求められる医療と看護の知識・技術を着実に身につけるカリキュラム
    • 看護の未来に向けて学び続けるロールモデルとなる教員から学ぶ
      現場での豊富な実践経験や、優れた研究実績を持つ教員陣がていねいに指導
    • 実習先の病院などと連携したていねいな実習指導を徹底
      総合病院や大学附属病院、地域の訪問看護施設などでの充実した実習
  • Point

    2

    多様化する医療・看護ニーズへの理解を深める

    • フィールド実習を通じて、さまざまな世代の人々の健康課題などを発見
      地域の人々の健康課題を考える「地域健康探索論演習」を開講
    • 重要な「多職種連携」と「地域包括ケア」への理解を深める
      多職種連携の中心となり、将来の地域医療を担う看護師をめざす学び

    「地域健康探索」プログラム

    • フィールド実習を通じて、さまざまな世代の人々の健康課題などを発見
      地域の人々の健康課題を考える「地域健康探索論演習」を開講
    • 重要な「多職種連携」と「地域包括ケア」への理解を深める
      多職種連携の中心となり、将来の地域医療を担う看護師をめざす学び

    「地域健康探索」プログラム

  • Point

    3

    求められる地域包括ケアシステムと多職種連携についての理解を深める

    従来の病院看護に留まらず、医師、看護師、保健師、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士、介護福祉士などの「多職種連携」によって、多様な医療・看護ニーズに対応する「地域包括ケア」の実現が求められています。本学では地域包括ケアシステムの一員として多職種や地域住民と連携し、支援する能力を育成する教育プログラムの充実を図ります。

    従来の病院看護に留まらず、医師、看護師、保健師、管理栄養士、薬剤師、歯科衛生士、介護福祉士などの「多職種連携」によって、多様な医療・看護ニーズに対応する「地域包括ケア」の実現が求められています。本学では地域包括ケアシステムの一員として多職種や地域住民と連携し、支援する能力を育成する教育プログラムの充実を図ります。

  • Point

    4

    万全の国家試験対策

    4年間を通じて対策講座の開講と専任教員によるていねいな個別指導で、国家試験合格に向けて手厚くサポートします。

    担任・アドバイザー制度

    1年次から4年次まで、専任教員が担任として配置。学生生活や履修方法の支援、就職に関する相談など、学生一人ひとりに合わせた個別指導を実施します。

    4年間を通じた対策講座

    4年間を通じて対策講座の開講と専任教員によるていねいな個別指導で、国家試験合格に向けて手厚くサポートします。

    担任・アドバイザー制度

    1年次から4年次まで、専任教員が担任として配置。学生生活や履修方法の支援、就職に関する相談など、学生一人ひとりに合わせた個別指導を実施します。

    4年間を通じた対策講座

  • Point

    5

    教養と人間性を磨く

    看護の専門知識に加え、あらゆる現場で柔軟に対応できるよう、幅広い教養と倫理観、コミュニケーション能力などを身につける教養教育を展開します。

    アクティブラーニング型の実践的な授業

    グループワークなどを用いて知識の理解と活用を促し、プレゼンテーション力や課題を探求する力などを養います。

    看護の専門知識に加え、あらゆる現場で柔軟に対応できるよう、幅広い教養と倫理観、コミュニケーション能力などを身につける教養教育を展開します。

    アクティブラーニング型の実践的な授業

    グループワークなどを用いて知識の理解と活用を促し、プレゼンテーション力や課題を探求する力などを養います。

Pick Up! 教員

「人々の力になりたい」という思いを力に変える看護師、保健師をめざして。

地域で生活する多様な人々の健康課題を考え、長寿社会に貢献できる人材を育てます。1年次からフィールドワークを通じて、生活と健康課題の関係を探求。成人、小児、母性、精神、老年など多様な看護学習を積み重ねた後に、4年次には健康課題の要因や必要とされる支援システムを学びます。「子どもやお年寄りと話すことが好き」「困った人を助けたい」という純粋で優しい思いを、看護学を学び実習体験を通じて、実現できる力につなげます。

星野 明子教授

看護学部
設置準備室長・副学長(学部長就任予定)

星野 明子 教授

めざす資格・技能検定

多様な医療支援の力を身につける 看護師+αの資格取得を応援

取得可能な教員免許状・資格

  • ・看護師(国家試験受験資格)(※1)
  • ・保健師(国家試験受験資格)(※1・2)
  • ・養護教諭一種免許状(※3)
  • ・養護教諭二種免許状(※4)
  • ・第一種衛生管理者資格(※4)
  • ※1 指定学校申請予定。予定であり変更の場合があります。
  • ※2 選択制・定員あり
  • ※3 教職課程認定申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
  • ※4 看護師・保健師免許を取得し、特定の科目を修得することで取得可能。

めざす卒業後の進路

看護師

病院、クリニック診療所、訪問看護ステーション、
地域包括センター、老人保健福祉施設

保健師

都道府県保健所・市町村、企業、学校、健診センター

養護教諭

学校

教育者・研究者

大学院、国際機関、政府、行政、NPO

カリキュラム

看護学部主要カリキュラム