【経営学部】 食ビジネスコース【経営学部】 食ビジネスコース

経営学、情報学、食物学の3領域からなる文理融合の学びにより『食』のマネジメント力を養います。食品メーカー、百貨店、スーパーマーケットや外食・中食産業、商社、農業法人など、食関連のさまざまな分野でマネジメント力を発揮し活躍できる人材を育成します。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    食ビジネスの基礎を学ぶ

    食品開発(食品学、栄養学、調理学)、食品流通、フードコーディネートに関する知識や、企業経営を疑似体験する演習などにより、食ビジネスに役立つ基礎力を学びます。

  • Point

    2

    食ビジネスで役立つ企画・提案力を学ぶ

    有機農場、中央卸売市場、食品工場、百貨店売場などフードチェーンの体系的な視察や、オリジナルの商品開発と売場実習などのPBL(課題解決型)学修を通じて、『食』の企画・提案力を養います。

  • Point

    3

    食を通じて夢を実現するため課題解決力を学ぶ

    卒業研究では、食の課題解決のための研究をはじめ、産官学連携による斬新な商品開発や食の安全・安心のための仕組みづくりにも挑戦し、理想のレストランやカフェの出店提案や開業計画の策定などを通じて、『食』の課題解決力を身につけます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    専門演習1

    マネジメント力を発揮できる人材の育成に向けた基盤づくりを行います。ビジネスをする上で必要な基礎力ともいえる「企画・提案力」を育てることをめざし、フードチェーンの体験などを主なテーマとします。学外での1日集中型のPBL(課題解決型)授業も実施します。

  • 写真

    Pick Up

    2

    カフェ経営演習

    人気の業態であるカフェ運営のスキルはもちろん、レストラン・カフェ店舗などの開業に必要な企画、経営、料理技術、メニュー開発など幅広い知識とスキルを実習中心に学びます。また、エスプレッソマシンによるコーヒーの抽出技術など、業界で活躍するプロによる授業も企画されています。

Pick Up! 教員

PBL学修に力を入れて即戦力となれる人材を育てます。

実社会の課題に対し、食ビジネスの現場で試行錯誤しながら、解決策を提案するPBL(課題解決型)学修に取り組んでいます。主体的に学ぶことで企画・開発力やマーケティング力、マネジメント力などの専門的なスキルを身につけた、企業や自治体で即戦力となれる人材を育成していきます。

髙畑 能久教授

大手総合食品メーカーにて、食物アレルギー配慮食品の研究開発や新規事業、グループの経営企画などを担う。安全安心なフードシステムを構築するため食品防御の研究にも取り組む。博士(農学)。「農林水産技術会議会長賞」受賞。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・食の6次産業化プロデューサー(食Pro.レベル1・2)
  • ・フードコーディネーター2級・3級
  • ・食品衛生責任者
  • ・リテールマーケティング(販売士)2級・3級
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・実践キャリア実務士Ⓡ
  • ・上級ビジネス実務士Ⓡ
  • ・行政書士
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(社会)
  • ・高等学校教諭一種免許状(公民)
  • ・高等学校教諭一種免許状(商業)(※4)
  • ※4 申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

卒業後の進路

食品・飲料メーカー、小売業·食品卸、外食・中食産業、農業法人、公務員、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

企業との連携など実践的な授業や学内外でのプレゼンテーションで実力がつきます。

食べることが好きで、フードビジネスの仕事をめざす人におすすめのコースです。授業では、テーブルコーディネートの実習や、企業と一緒にお弁当を開発・販売する実践的な学びが印象的。プレゼンテーションをする機会も多く、回を重ねるたびに上達を実感できます。

植木 由梨佳さん  2年生

写真