【経営学部】 経営コース【経営学部】 経営コース

あらゆる企業や組織で必要とされる、ビジネスの知識とマネジメントの能力を身につけ、グローバル時代を切り拓くための新しい発想力と実践力、チームワークを修得します。さまざまな分野で自分らしくビジネスを通じて社会貢献ができる人材を育てます。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    モノづくり(商品開発)を学ぶ

    これまでさまざまなモノがつくられ、私たちの生活を豊かにしてきました。企業はどのようにして新しい製品やサービスを生み出してきたのでしょうか。社会のニーズを探り、それを形にしていく商品開発のプロセスを学びます。

  • Point

    2

    マーケティングを学ぶ

    よい製品が必ずしも売れるとは限りません。上手に売ることが重要なのです。そのための手段・方法がマーケティングです。消費者の購買心理を探求し、効果的に商品を売るための方法を学びます。

  • Point

    3

    経営戦略を学ぶ

    どのような業界にもライバル企業が存在します。その中で、厳しい競争に勝ち抜いていくためには経営戦略が重要です。企業規模の大小にかかわらず、独自性を打ち出す方法を学びます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    ビジネス心理学

    視覚情報に聴覚、嗅覚、触覚、味覚を組み合わせることで、顧客の心にブランドを印象づけるきっかけを作り出す「五感のマーケティング」について学びます。実際に音を聴いたり、香りの効果を実験したりする体験的な授業です。

  • 写真

    Pick Up

    2

    ビジネス実践入門

    製造業や小売業といったビジネスの現場において、どのようなマネジメントが行われているのか、また何が求められており、何が問題になっているのかについて、事例やフィールドワークを通じて考えます。また、企業が抱える問題をどのように解決していけばよいのか、課題解決のための手法を学びます。

Pick Up! 教員

自分の興味のあるテーマから、経営の基本を学んでください。

興味のあるテーマを重視し、そこを入口に経営の学びを深めます。たとえば「スマートフォンのシェア競争」は、ものづくりやマーケティング、経営戦略など、どの観点からも分析ができます。本コースでは企業がどのように成長・進化の方向性を導き出しているのかを考え、学んでいきます。

稲村 昌南教授

博士(経営学)。経営情報、経営戦略を専門とし、イノベーションマネジメントを研究。日本情報経営学会理事。経営管理論、経営情報論などの授業を担当。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・リテールマーケティング(販売士)2級・3級
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・実践キャリア実務士Ⓡ
  • ・上級ビジネス実務士Ⓡ
  • ・宅地建物取引士
  • ・行政書士 
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1)
  • ・メンタルヘルスス・マネジメントⓇ  など
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(社会)
  • ・高等学校教諭一種免許状(公民)
  • ・高等学校教諭一種免許状(商業)(※4)
  • ※4 申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

めざす卒業後の進路

製造・流通業、商社、銀行・金融機関、卸・小売業、公務員、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

企画・開発を実践的に学べるところが魅力です。

興味のあった「起業」に関する授業に惹かれて本コースを志望。印象的だったのは実際の企業からテーマをもらい、企画・開発を行う授業。発表やプレゼンテーションを行う機会も多く、実践力が身につきます。現在は、学校のサポートを活用して日商簿記や販売士の資格取得のために勉強中です。

田中 瑠理子さん  2年生

写真