【マネジメント学部】スポーツマネジメント学科【マネジメント学部】スポーツマネジメント学科

多彩な教員による授業や学外フィールドワークを通じて、マーケティングから財務分析まで、スポーツ 産業における経営や企画、管理、運営を学び、スポーツ産業をはじめ組織が抱える多様な課題の解 決に貢献できる人材をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    スポーツ産業における経営の基礎知識を身につける

    スポーツ産業の現状や課題、マーケティングやプロモーション戦略の基本的な考え方など、
    スポーツ産業界で活躍する人材に求められる専門的な知識の基礎を身につけます。

  • Point

    2

    スポーツ産業で活躍する実践力を身につける

    大手スポーツ関連企業への学外フィールドワークや、国内外の最先端のスポーツビジネス現場への調査研究を通して、スポーツ産業で活躍するための実践力や課題解決能力を身につけます。

  • Point

    3

    日本のスポーツ界の発展を支えることのできる人材をめざす

    スポーツ関連企業やプロスポーツクラブなどで活躍し、オリンピック・パラリンピックをはじめ、これからの日本のスポーツ界の発展を支えることのできる人材をめざします。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    専門演習2

    「研究・企画とは何か」「企画の立て方」「マーケティングリサーチ」などをキーワードに、スポーツマネジメントの研究方法・企画立案について学修します。グループ学修において実際に研究・企画書作成を行い発表することで、卒業研究に必要な論理的思考について実践的に修得します。

  • 写真

    Pick Up

    2

    専門インターンシップ

    実際の企業・団体での就業体験を通じて実践力を身につけます。事前学習として、受け入れ先の概要調査や業界研究、レポート作成、マナー研修などを実行。現場での就業体験はプログラムに従って約10日間程度行い、事後学習では研修結果のまとめと発表を行うことで、体験と学びを定着させます。

Pick Up! 教員

自分の好きな分野で「人間力」を養って、スポーツビジネスに貢献できるスキルを修得。

スポーツは自分でプレイしたり、観戦を楽しむのはもちろん、地域を活性化したり、世界をつなぐビジネスにもなります。本学科では、スポーツビジネスの経営、組織運営、マーケティングなど、将来スポーツ産業を支えていく人材を育成します。観客、消費者の立場から、自らが主体となって考え、動かすことができる「人間力」を養う4年間にしてほしいと思います。

水野 利昭教授

専門は「ファイナンス」「財務管理・ 財務分析」「グローバル企業戦略」「スポーツ商品流通」。ミズノ株式会社で34年間勤務。9年間の海外勤務を経験。世界スポーツ品工業連盟(WFSGI)での活動やIR担当の経験により、財務、環境、労働問題にも精通。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・アシスタントマネジャー
  • ・スポーツイベント検定
  • ・販売士2級・3級
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・実践キャリア実務士®
  • ・上級ビジネス実務士® など

卒業後の進路

スポーツ関連流通業、スポーツ用品メーカー、スポーツサービス業、地域スポーツクラブ、一般企業、公務員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

現場での体験を大切にする授業です。

スポーツショップへ調査に行ったり、スポーツ関連企業を 見学したり、現場で体験することを大切にした授業はとても 興味深いです。グループワークも多いので、コミュニケー ションやプレゼンテーション力、組織をまとめる力が伸びたと 感じます。

近藤 雅士さん  2年生

写真