【マネジメント学部】 食ビジネスコース【マネジメント学部】 食ビジネスコース

経営学、情報学、食物学の3領域を基礎とした、「食」のマネジメント力を養います。外食・中食産業や食品流通業、食品メーカー、商社、農業法人などのあらゆる食関連産業の各分野でマネジメント力を発揮し活躍できる人材を育成します。

Close UP! コースの特色

  • Point

    1

    身近な食ビジネスの基礎を学ぶ

    ファストフードやファミリーレストラン、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど身近な事例から食ビジネスの基礎を学びます。

  • Point

    2

    食ビジネスで役立つ食の提案力を学ぶ

    生産地や卸売業、小売業、商業施設などの実際のビジネスにおける課題をリサーチし、解決策を提案します。

  • Point

    3

    食に関わる夢を実現する方法を学ぶ

    レストランやカフェの開業計画書、商品開発や販売促進の企画書を作成し、自らのビジネスの開業をめざします。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    専門演習1・2

    基礎演習での学びを踏まえ、専門演習では、大阪府中央卸売市場等のPBL課題に対し、広告宣伝資材や売場企画を提案します。また、食品メーカーとの連携による商品開発や食品工場実習も行います。実際に食ビジネスの現場における運営方法を学び、専門知識を現場のビジネスシーンで活かす方法を身につけます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    フードアナリスト論

    日本フードアナリスト協会のカリキュラムに準じて、「食の情報の専門家」であるフードアナリストをめざします。食の情報を読み解き、分析し、発信する力を身につけます。食・食文化に関わる知識を体系的に学ぶとともに、食ビジネスを多角的に捉えることができます。

Pick Up! 教員

夢のあるビジネス領域に挑戦して、将来の可能性を広げましょう。

本学の食ビジネスコースは、経営学、情報学、食物学の3領域を基礎に、「食のマネジメント力」を培うことのできる専門コースです。我が国の一大産業である、食ビジネスは夢のあるビジネス領域の一つです。そんな食ビジネスを学び、商品開発に挑戦したい、自分のお店を開業したいといった大きな夢を持った皆さんをお待ちしています。

コース主任髙畑 能久教授

大手総合食品メーカーにて食物アレルギー対応食品の研究開発や特定原材料検査法の実用化により「農林水産技術会議会長賞」などを受賞。また、未利用資源を活用した機能性食品ビジネスなど新規事業を立ち上げる。2016年4月より現職。食ビジネスの現場で役立つ実践的な教育に尽力する。

写真

めざす資格

  • ・フードアナリスト2級・3級・4級
  • ・フードコーディネーター2級・3級
  • ・食品衛生責任者
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・販売士2級・3級

取得可能な教員免許状

  • ・高等学校教諭一種免許状(公民)・(商業)
  • ・中学校教諭一種免許状(社会)

卒業後の進路

外食・中食産業、スーパーマーケット・百貨店、コンビニエンスストア、食品メーカー、その他食関連小売業・卸売業、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

実践的な授業の中で成長できました。

くらしに欠かせない食の分野のマネジメントを学ぶためにこのコースを選びました。約8ヶ月をかけて取り組んだ大阪府池田市との官学連携授業では、「地域活性化イベント」の企画から運営までを一から作り上げてゆく経験もできました。主体的に動く機会に恵まれ、自身の将来についても道筋が見えたように感じています。

和田 晶さん  3年生

写真