【マネジメント学部】 食ビジネスコース【マネジメント学部】 食ビジネスコース

経営学、情報学、食物学の3領域を基礎として、『食』のマネジメント力を養います。外食・中食産業や食品流通業、食品メーカー、商社、農業法人などの食関連産業のさまざまな分野でマネジメント力を発揮し活躍できる人材を育成します。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    身近な食ビジネスの基礎を学ぶ

    ファストフードやファミリーレストラン、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど身近な事例から食ビジネスの基礎を学びます。

  • Point

    2

    食ビジネスで役立つ食の提案力を学ぶ

    生産地や卸売業、小売業、食品工場などの実際のビジネスにおける課題をリサーチし、解決策を提案します。

  • Point

    3

    食に関わる夢を実現する方法を学ぶ

    レストランやカフェの開業計画書、商品開発や販売促進の企画書を作成し、食ビジネスの開業方法を学びます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    専門演習2

    食ビジネスの基礎をふまえて、フードチェーンのうち生産地、小 売販売店の売場にフォーカスして販売手法を学びます。大阪府中央卸売市場などの連携先から与えられた現場のPBL課題に対して、グループで協力し、情報の収集、整理を行い、企画立案および現場実習を通じて体験学修します。また、学期末には連携先の方々に対してPBL課題の成果発表を行います。

  • 写真

    Pick Up

    2

    カフェ演習

    フードサービス店を開業する場合、企画・運営・経営・料理などにおける幅広い知識はもちろん、人気となるメニューやテイクアウト商品開発のための情報収集が重要となります。カフェ演習では、人気の業態であるカフェ運営のスキルはもちろん、フード業界に必要な基本スキルを実習中心に学びます。また、焙煎士の方によるコーヒーの抽出技術なども学びます。

Pick Up! 教員

「食のマネジメント力」を養い即戦力として活躍できる人材に。

企業や自治体と連携したPBL(課題解決型)学修に力を入れています。これは実社会の課題に対し、食ビジネスの現場で試行錯誤しながら、グループで協力し合い、解決策を提案するものです。主体的に学ぶことで商品開発力・マーケティング力・マネジメント力などの専門的なスキルを身につけ、即戦力として活躍できる人材に成長できます。

髙畑 能久教授

大手総合食品メーカーにて、食物アレルギー配慮食品の研究開発や、アレルゲン検査法の実用化、機能性食品素材の研究開発を行う。2016年より現職。安全・安心なフードシステムを構築するための研究にも取り組む。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・食の6次産業化プロデューサー(食Pro.)レベル1・2
  • ・フードコーディネーター2級・3級
  • ・フードアナリスト®2級・3級・4級
  • ・販売士2級・3級
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・実践キャリア実務士®
  • ・上級ビジネス実務士®
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1)
  • ・食品衛生責任者 など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(社会)
  • ・高等学校教諭一種免許状(公民)

卒業後の進路

食品メーカー(製パン、製菓)、外食・中食産業(大手レストランチェーン)、食品小売業(百貨店、スーパーマーケット)、食系卸·小売業、商社、農業法人、公務員、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

企業や行政との連携プログラムで、実践力とコミュニケーション力を身につける。

食の最前線で活躍する方々が講義をしてくださったり、課題を出してくださったり、学外活動はとても刺激になります。課題解決に向けてのグループワークでは役割分担やコミュニケーションの大切さを実感。そんな連携授業のおかげで、どんなことにも積極的に取り組めるようになりました。

帖佐 のぞみさん  2年生

写真