【マネジメント学部】 経営コース【マネジメント学部】 経営コース

あらゆる企業や組織で必要とされる、ビジネスの知識とマネジメントの能力を身につけ、グローバル時代を切り拓くための新しい発想力と実践力、チームワークを修得します。さまざまな分野で自分らしくビジネスを通じて社会貢献ができる人材を育てます。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    モノづくり(商品開発)を学ぶ

    これまでさまざまなモノがつくられ、私たちの生活を豊かにしてきました。企業はどのようにして新しい製品やサービスを生み出してきたのでしょうか。社会のニーズを探り、それを形にしていく商品開発のプロセスを学びます。

  • Point

    2

    マーケティングを学ぶ

    よい製品が必ずしも売れるとは限りません。上手に売ることが重要なのです。そのための手段・方法がマーケティングです。消費者の購買心理を探求し、効果的に商品を売るための方法を学びます。

  • Point

    3

    経営戦略を学ぶ

    どのような業界にもライバル企業が存在します。その中で、厳しい競争に勝ち抜いていくためには経営戦略が重要です。企業規模の大小にかかわらず、独自性を打ち出す方法を学びます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    ビジネス心理学

    ブランドを作り出すと考えられているロゴマークなどの視覚的要素を統合した「VI(ビジュアルアイデンティティ)」の重要性が高まっています。本科目では、視覚情報に他の感覚要素(聴覚、嗅覚、触覚、味覚)を組み合わせることで、顧客の心にブランドの記憶を深く刻むきっかけを作り出す「五感のマーケティング」について学びます。実際に、五感を働かせる面白い授業です。

  • 写真

    Pick Up

    2

    ビジネスマネジメント実践演習

    ビジネスやマネジメントの世界では今何が求められ、何が問題となっているのかを考えます。経営の疑似体験などを通じて企業経営と経営学の学びへの関心と動機づけを図り、企業がどのように経営資源(ヒト・カネ・モノなど)を活用して生産・販売活動を行い、顧客のニーズに対応しているのかを過去の事例からも学びます。

Pick Up! 教員

自分の興味のあるテーマから、経営の基本要素を学び始めよう。

経営学を学ぶ上で重視してほしいのは、興味あるテーマから始めること。たとえばスマートフォンが好きなら「スマートフォン市場でシェアの高いサムスンとアップルの競争とは?」という疑問は、ものづくりやマーケティング、経営戦略など、どの観点からも分析できます。本コースでは、目まぐるしく変化するビジネスの世界において、企業がどのように成長・進化の方向性を導き出しているのかを考え、学んでいきます。

稲村 昌南教授

博士(経営学)。経営情報、経営戦略を専門とし、イノベーションマネジメントを研究。日本情報経営学会理事。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・販売士2級・3級
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・上級情報処理士®
  • ・実践キャリア実務士®
  • ・上級ビジネス実務士®
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(社会)
  • ・高等学校教諭一種免許状(公民)

めざす卒業後の進路

製造・流通業、商社、銀行・金融機関、卸・小売業、公務員、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

苦手なパソコンの資格も取得。 より多くのことを学びたい。

「ビジネス心理学」や「組織とコミュニケーション」など、ビジネスの現状がわかる授業が印象的でした。苦手なパソコンも丁寧に教えてもらえて資格を取得できました。商品開発や企画の仕事を目標に、さまざまなことを学んでいきたいです。

的場 泉さん  2年生

写真