OSAKA SEIKEI TOPICS

《報告》IAAF世界リレー2019横浜大会 結果

2019.05.16

お知らせ

学園から

2019年5月11日(土)~12日(日)に横浜国際総合競技場(日産スタジアム)で開催された「IAAF世界リレー2019横浜大会(IAAF World Relays YOKOHAMA 2019)」に大阪成蹊学園職員の青山聖佳さん(大阪成蹊大学卒業生)が出場しました。

男女混合リレーでは、日本記録を更新しました。
来年の東京五輪で新種目となる男女混合4×400mリレーは、決勝進出はなりませんでしたが、全体の11位となり、タイム上位12チームに与えられるドーハ世界選手権参加資格を手にしました。

【大会結果】

青山 聖佳(大阪成蹊学園職員)

男女混合4×400mリレー予選(2走)
3組5着 3分19秒71 日本新記録

女子4×400mリレーB決勝(1走)
7位 3分35秒12

青山選手は、男女混合4×400mリレーについて、「目標の世界選手権出場を決められて一安心。(今日の2レース目と言うことで)後半の走りが課題でしたが、それも改善しつつあります。レースとしてはせっかく1走の伊東君がいい位置で持ってきたのに、私が流れを崩して前との差を広げられてしまって申し訳ない気持ちです。」とコメント。
女子4×400mリレーについては、「世界選手権の出場権を獲得することを第一目標として冬からやってきたので、この結果は悔しいです。自分を含めて、(メンバーが)一人ひとりがレベルアップしていって強くなっていかないといけない。予選よりタイムを落としてしまったし、うまく流れを作ることができなかったのは、(自分自身の)実力不足を感じました。」とコメントしています。


▲青山選手(中央右側)

▲大会の様子

▲女子4×400mリレーの様子(1走)

▲男女混合リレー入場(青山選手中央)


▲男女混合4×400mリレーの様子(2走)

写真提供:月刊陸上競技