OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 経営学科 食ビジネスコースが「商品開発とマーケティング」をテーマに特別授業を実施

経営学科 食ビジネスコースが「商品開発とマーケティング」をテーマに特別授業を実施

2020.10.05

お知らせ

経営学部,産官学連携

2020年9月23日(水)、経営学科 食ビジネスコースでは、日本ハム株式会社 ライフスタイル研究室 主事 博士(農学)河口 友美氏をお招きし、新型コロナウイルス感染対策を講じたなか特別授業を開講しました。

PBL授業「新しいコンセプトによる商品企画提案」の一環として、食品メーカーがどのようにして外部環境の変化をつかみ新商品の開発につなげているのか、その仕組みをやさしい口調で講義して頂きました。また、Webインタビューのデモンストレーションを踏まえ、演習では学生が自粛期間中の食生活を振り返りユニークな消費者ニーズを発表しました。


日本ハム㈱ 河口氏による特別授業の様子

<マーケティング調査のステップ>
Step1.外部環境の変化をまとめる
Step2.有望な食卓を考える
Step3.商品開発に向けて消費者の声を分析する

受講した学生からは、
「将来、商品企画の仕事に就きたいと考えているので、とても興味深くおもしろかったです」
「さまざまな年代や生活シーンなどから顧客ニーズを調査分析していることが分かって、とても勉強になりました」
「私もお客さまの気持ちを考えながら商品開発に取り組みたいです」
「より実践的な知識を学ぶことができ、外部環境の変化やライフスタイルの多様化などを敏感にキャッチして、時代にあった商品や販促提案が重要であると感じました」などの感想がありました。

今後、学生たちは3ヶ月かけてグループワークに取組み新しいコンセプトをもつ商品の企画提案をめざします。