OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 卒業生の皆さんへ―令和元年度卒業式・学位記授与式式辞に替えて―

卒業生の皆さんへ―令和元年度卒業式・学位記授与式式辞に替えて―

2020.03.24

お知らせ

大学から

 マネジメント学部、芸術学部、教育学部卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。そして教育学研究科修士課程第1期修了生の皆さん、課程修了おめでとうございます。皆さんは大学およびそれぞれの学部、研究科で設定しているディプロマポリシー(学位授与の方針)にしたがって実践的な学びを深めてきました。その最後のまとめとして各学部や研究科では充実した卒業研究発表会、卒業制作展、修論発表会が行われました。学びの成果に大いに自信をもっていただきたいと思います。

 今年の卒業式は全世界に広まる新型コロナウィルスによる肺炎の蔓延予防のため中止となりましたが、この世界的な感染症はすでにパンデミック(汎世界的流行)と言える広がりを見せています。世界中で大量の人やモノが流動化していく現代、グローバル社会の一つの大きな負の特性とも言えるものになっているのではないでしょうか。

 ところで情報化が一層進む現在では、皆さんが普段活用しているSNSやネットサーフィンの利用情報は、ビッグデータの一つとなり、知らぬうちにさまざまな分野で利用されているといわれています。情報化社会が急速に変化していく中では、安易な情報に流されることなく、それを活用する正当な倫理感や見識を持って行く必要があることに留意頂きたいと思います。

 一方、全世界の人々は将来にわたって地球全体の環境を保全し、国際・国内の格差や差別をなくして行くために、「持続可能な開発目標(SDGs)」を国際連合で決定しています。世界の先進国から発展途上国まで190カ国以上の国々が同意したこの目標は大変重要な意義を持っています。宇宙から見れば、とても小さな限定的空間といえる「地球」の中ですが、地球全体の環境保全とすべての国々が平和に発展していくうえで「SDGs」は極めて大切な目標となっています。卒業後社会の中で将来を担っていく皆さんには、ぜひとも心にとめておいていただきたいと思います。

 卒業にあたり、本学園の建学の精神(桃李不言下自成蹊)の下で培った「人間力」に自覚と自信を持ち、他を思いやる誠実な心を持った人として、社会で活躍していただくことを期待して、卒業のお祝いといたします。
ご卒業おめでとうございます。

  • 令和2年3月22日
  • 大阪成蹊大学 学長 武蔵野 實