OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《学内レポート》マネジメント学科 食ビジネスコースが「外食産業の現状と課題」をテーマに特別授業を開催

《学内レポート》マネジメント学科 食ビジネスコースが「外食産業の現状と課題」をテーマに特別授業を開催

2019.05.06

お知らせ

マネジメント学部

2019年4月24日(水)に、マネジメント学科 食ビジネスコースでは、物語コーポレーション 人財開発部マネジャー 田中 基史氏をお招きし、特別授業を開講しました。

『焼肉・ラーメン事業 動向と今後の展望 ~今 求められるもの~』と題して、わが国の外食産業の市場規模が25兆円から伸び悩むなか、13期連続で増収増益を続けている物語コーポレーションが、外食産業の抱えている4つの課題にどのような対策を講じているのかなど事例を紹介しながら分かりやすく講義して頂きました。


▲田中氏による特別授業の様子

<外食産業が抱える4つの課題>
1.市場規模の縮小 ~胃袋の減少~
2.食材価格の高騰 ~メニュー開発のこだわり~
3.中食の台頭 ~外食ならではの価値~
4.人財不足 ~人員定着・人財による差別化~

学生からは、
「外食産業の市場規模がとても大きいことに驚きました」
「食ビジネスの重要性の普遍性と、変わり続けるビジネスモデルが大切なことを学びました」
「社会で活躍している講師からお話が聴けて感動しました」
「自分を成長させてくれる仕事に、私も就きたいと思いました」
「この特別授業を受けて良かったと思いました」などの感想がありました。