OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • アルティメット部の学生・卒業生が世界大会で大活躍しました!~WFDF2023世界U24アルティメット選手権大会結果報告②~

アルティメット部の学生・卒業生が世界大会で大活躍しました!~WFDF2023世界U24アルティメット選手権大会結果報告②~

2023.07.26

お知らせ

経営学部,教育学部,クラブ活動

2023年7月1日から8日にイギリス・ノッティンガムにて開催された「WFDF2023世界U24アルティメット選手権大会」にて、アルティメット部の学生 伊藤 盟理選手(教育学部 教育学科 4年生)、橋爪 ひかり選手(経営学部 スポーツマネジメント学科 3年生)が出場したウィメン部門で銀メダル、2023年3月の卒業生 岡本 晴美名選手、安達 真宏選手(共に教育学部 教育学科卒業)が出場したミックス部門で銅メダルをそれぞれ獲得しました。

今回、世界大会の結果報告や今後の意気込みについて各選手へインタビューを行いましたのでご紹介します。

【ウィメン部門】最終順位:準優勝

▲銀メダルを獲得した伊藤選手(左)と橋爪選手(右)

■伊藤 盟理選手(教育学部 教育学科 4年生)
「今回の代表では、日本国内ではレベルの高い関東の大学の選手が多く選出される中、大阪成蹊大学から4名も選出されることができ、チームメイトや後輩をはじめ、今まで部を支えてきてくれた先輩方のおかげであると実感した。本当にありがとうございました。代表選考会から大会終了までの半年間、本当に多くの悔しい経験をしたが、技術面だけでなく精神面でも成長できた。また、世界大会準優勝は悔しい想いの反面、今後もアルティメット競技人生が続いていく過程で、更に高みを目指していくきっかけにもなった。特にチーム作りがこの半年間で一番重要だと感じたため、個々では関東の選手に及ばないことも多いが、声を出し続けるなどシンプルなことから実践し、チーム力を上げることで戦術などを補っていきたい。これから学生の大会が始まるので、大阪成蹊大学として『関西優勝』、『全国ベスト4』の目標達成に向け頑張りたい」

■橋爪 ひかり選手(経営学部 スポーツマネジメント学科 3年生)
「世界大会の応援をいただきましてありがとうございました。代表選考会からの半年間、日本代表としての活動を通して、苦しいこともたくさんあったが、競技面だけでなく、精神面や行動面など多くの刺激があった。悔しい反面、楽しいことも多く、新たな知識もたくさん増えた。大会期間中は、すべて出し切ることができ、本当に楽しくプレーができた。結果は銀メダルでしたが、銀メダルだったことが1番悔しい。最後の試合で負けて終わってしまったし、優勝に届きそうで届かなかった。私は年齢的に、U24の大会に再チャレンジできるので、次の代表へのメンバー入りも目指し、次の世界大会ではアメリカに勝ちたい。引き続き応援よろしくお願いします」

【ミックス部門】最終順位:第3位

▲銅メダルを獲得した岡本選手(左)と安達選手(右)

■岡本 晴美名選手(教育学部 教育学科2023年3月卒業生)
「応援いただきましてありがとうございました。本当は優勝の報告をしたかったが、世界大会の洗礼を受けた。特に世界との体格差を痛感した。もう少しこうしておけばよかったという後悔もあるが、結果銅メダルを取れて、多くの方に祝福されてよかった。現地での調整期間中、大会を迎える前に海外の選手を目の当たりにした際、どこまでいけるか不安になった。しかし、初戦でイギリスに負けたことで、チームとしてもう一度やるべきことを見直し、相手チームの分析をするなど、チームの絆を深めて団結していくことができた。その結果、銅メダルを獲得できたので、良い経験となった」

■安達 真宏選手(教育学部 教育学科2023年3月卒業生)
「世界大会の応援ありがとうございました。当初の目標では世界一を目指していたが、優勝したアメリカに負け、3位の結果だった。最終戦を勝つことができ、チーム全員が笑顔で大会を終えることができたのは良かった。審判がいないという特徴があるアルティメットの試合では、相手チームの選手と話し合いでプレーの再開を決めるため、世界大会では相手選手とのコミュニケーション面でも苦戦した。世界での経験は非常に良いものとなった。しかし、最後のミーティングでも話があったが、やはり悔しい。3位の結果は嬉しいが、勝ちたかった。今後は、年齢不問の日本代表を目指して、更にレベルアップできるようがんばりたい」


▲ユニフォーム交換をするなど、他国の代表選手とも交流を深めることができました


▲現地へ持参した寄せ書きの国旗とともに

詳しい試合結果は一般社団法人日本フライングディスク協会の公式サイト(こちら)をご確認ください。

大阪成蹊大学アルティメット部「plumbonds」は、毎週月・水・土曜日に活動中。近年は男女ともに全国大会に出場しています。大学からプレーを始める学生が大半を占める中、男子部員もU23関西選抜に選出されるなど優秀な成績を納めています。また、女子チームは昨年の学生選手権においてSOTG(スピリット・オブ・ザ・ゲーム:各選手のフェアプレイに対する責任感)の数値が全国1位となるなど、競技力だけでなく、精神面・行動面でも好成績を納めています。

【アルティメット部に関する過去の記事】
アルティメット部の学生・卒業生が世界大会で大活躍しました!~WFDF2023世界U24アルティメット選手権大会結果報告①~(7/19)記事はこちら
世界大会に出場するアルティメット部の学生・卒業生の激励会を実施(6/21)記事はこちら
アルティメット部から4名がU24日本代表に選出~7月に世界大会出場へ~(5/1)記事はこちら
アルティメット部Instagramはこちら