OSAKA SEIKEI TOPICS

公開講座 未来展望セミナー2022(第二回)を開催(6/17)

2022.06.23

お知らせ

大学から

大阪成蹊大学では、企業・団体等の幹部・マネージャー層、士業の方々および本学の学生を対象に、SDGsの主要テーマに関して世界と我が国にとって重要な問題についての理解増進を目的として、各分野を代表する専門家を講師として招聘し、全8回にわたる公開講座「未来展望セミナー」を2020年より実施しています。
2022年度の第2回目となる6月17日(金)は、大阪市内の会場(オービックホール)での対面形式とオンライン形式で実施され、多くの受講者が参加しました。

テーマ:冷静(経済合理性)と情熱(勇気ある経営判断)で 100 年企業を目指す
講師:ホテル三日月グループ 代表取締役 小高 芳宗氏

【おもな講演内容】

・2020年1月武漢からの日本人帰国者をホテル三日月が受け入れた際のドキュメント(VTR視聴)
・経済合理性と情熱のFS(Feasibility Study)を信じる
・メディアの騒ぎ方から、責任の範疇を超えたかもしれないという危機感
・ホテル三日月創業者の教え
・100年企業の共通点
・創業と守成
・日系企業過去最大の挑戦 Da Nang-Mikazuki Japanese RESORT & SPA(ベトナム ダナン)

受講者からは以下の感想が寄せられました。

「社長の武漢第一便の受入決断、未知への挑戦、迷いのない信念があるからこそ、周りの人がついてこれ、それが人助けにつながる。今の世の中の在り方を問いながら、新しい感覚、柔軟性、挑戦、勇気が成功には必要。そんな大事なことを学びました。感銘を受けました。」
「熱い男の生き様や、経営者としての志を感じる講演でした。海外への進出が成功することを祈っております。」
「感動しました。ノンフィクションですけどドラマを見ているようでした。報道で見ていたことはほんの一部だと認識しました。昨今、SNS等のバッシングが問題になっていますが、それらを乗り越えられた社長様のお話に感動しました。」
「冒頭の映像に引き込まれ、あっという間の時間でした。二代目社長ながら熱さと冷静さを兼ね揃えておられ、また人望もある素晴らしい方だと思いました。事業承継にあたり、ご苦労されたと思いますが立派に会社を発展させている姿を拝見し、私も頑張らねばと感じました。」
「武漢から帰国された方が宿泊されたというニュースは記憶にありますが、宿泊先がホテル三日月であったことは記憶にありませんでした。2週間にわたるご苦労は察するに余りがあります。経営者としての判断だけではなく人としての判断をされたことに感銘を受けました。」

セミナー特設ページはこちら

【主催】大阪成蹊大学
【協賛】(株)ニッセイ基礎研究所、りそな総合研究所(株)
【後援】大阪府、大阪市、大阪府教育委員会、大阪市教育委員会