OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 教育学部 寳學教授の研究グループが戦前日本の女子サッカーに関する研究成果を発表

教育学部 寳學教授の研究グループが戦前日本の女子サッカーに関する研究成果を発表

2021.05.14

ニュースリリース

教育学部

北海道大学大学院教育学研究院の崎田嘉寛准教授,大阪成蹊大学教育学部の寳學淳郎教授,東京女子体育大学体育学部の藤坂由美子准教授,四国学院大学文学部の近藤 剛准教授,北陸学院大学人間総合学部の田邊圭子教授,公益財団法人日本サッカー協会の津内 香氏らの研究グループは,北海道 から九州までの公立高等女学校 286 校の学校史 422 冊を調査し,戦前の日本における女子フットボールの実施状況を明らかにしました。

ポイント
・戦前期において北海道から九州に至るまで女子によるサッカーが実施されていたことを確認。
・現時点で日本最古と考えられる女子によるサッカーの写真を発見。
・戦前期における女子スポーツの多様性を考える契機として期待。

報道発表資料