OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 国際観光ビジネス学科 観光ビジネスコースの学生が池田市の観光コースを企画

国際観光ビジネス学科 観光ビジネスコースの学生が池田市の観光コースを企画

2022.01.14

お知らせ

経営学部,産官学連携

2021年12月17日 大阪成蹊大学 経営学部の学生らが、大阪府池田市と連携し池田市の観光資源をアピールする観光コースの企画・発表をおこないました。発表は経営学部 国際観光ビジネス学科 観光ビジネスコース 中野・東出ゼミに所属する2年生の学生 6グループにより行われ、池田市役所からも担当者の方々をお招きしました。


▲【特別授業】池田市役所 齋藤氏・奥田氏による講義

企画を行うにあたり、学生らは2021年10月に池田市役所 市民活力部にぎわい戦略室 空港・観光課 齋藤宏太氏、奥田智子氏による特別授業「池田市の現状と課題」を受講。また、公益財団法人大阪観光局 マーケティング事業部 事業部長 塩見正成氏ならびに株式会社JTB教育旅行大阪支店 支店長 中川渉氏による「2025年関西万博に向けた大阪の魅力の発信」について事前学修を実施し、11月には学生らがフィールドワーク(池田市の現地調査)として自らの足で観光資源の確認を行いました。

各グループの発表者は、修学旅行生・インバウンド・若者・シニアなどターゲット別にSWOT分析を行い、池田市の魅力ある観光地をめぐるコースを説明。出席された池田市役所の奥田氏および北村竜希氏からは「学生ならではの視点で各ターゲットに適した池田市の観光地の魅力が発信できており、これが広まっていけば素晴らしいと思います」とのコメントをいただきました。

学生らにとっては、アフターコロナを視野に入れたうえで地域の魅力を発見し、大阪の観光客誘致を考える有意義な学修となりました。

大阪成蹊大学では池田市をはじめ自治体や企業などとの産官学連携学修を進めており、2022年4月の国際観光学部の開設も踏まえ、さらなる観光ビジネスの学びに取り組んでいきます。


▲【フィールドワーク】カップヌードルミュージアム池田を訪問


▲学生らによる池田市の観光コース企画のプレゼンテーション


▲発表者への講評を行う池田市役所 奥田氏