OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 国際観光ビジネス学科が、野田仁客員教授(元駐ルーマニア特命全権大使)の特別授業を実施

国際観光ビジネス学科が、野田仁客員教授(元駐ルーマニア特命全権大使)の特別授業を実施

2021.11.24

お知らせ

経営学部

2021年11月16日(火)、経営学部 国際観光ビジネス学科2・3年生対象の専門科目「アジア市場と日本」において、野田仁客員教授(前ルーマニア大使、元エクアドル大使・香港総領事等を歴任)による「アジアでの経済活動を取り巻く環境と改善のための政策の推進」をテーマとした特別授業を実施しました。

野田客員教授から、外務省の役割、長年にわたる外交官としての経験、特に我が国を代表しての特命全権大使の職務などに基づく見解や所感について、講義が行われました。特にアジアを巡る安全保障に関する諸問題、米中関係などの重要課題について、今後グローバル分野を含め様々な環境での活躍が期待される国際観光ビジネス学科の学生にとって、貴重な知識・情報が紹介されました。

受講生からは、
「この授業で野田先生に大使の立場や視点からお話を伺ったからこそ理解出来たことや新たな知識が得られてよかったなと思いました」
「アメリカと中国の関係や東アジア地域を巡る状況など様々な問題で私が知らない多くのことがあることを知りました」など、多くの感想がよせられました。

野田先生の登壇は、11月5日の成蹊基礎演習2(1年生)における特別授業に続き本年度で2度目となります。

野田 仁 氏プロフィール:
野田仁客員教授プロフィール 1980年東京大学卒業後、外務省に入省。コロンビア大学(米国)国際問題学修士。 国際連合局を経て、在イスラエル大使館参事官、2004年在米国大使館公使 (米議会担当)、2008年より内閣審議官として国際平和協力活動、危機管理等を担当。2011年在英国大使館特命全権公使、2013年在香港総領事、2015年駐エクアドル特命全権大使、2018年より駐ルーマニア特命全権大使を務めた。2021年大阪成蹊大学経営学部客員教授に就任。