OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 国際観光ビジネス学科が国連世界観光機関(UNWTO)を招き特別授業を実施

国際観光ビジネス学科が国連世界観光機関(UNWTO)を招き特別授業を実施

2021.06.01

お知らせ

経営学部

2021年5月21日(金)、経営学部 国際観光ビジネス学科では、国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所の石崎雄久氏を講師としてお招きし、2年生約70名に対し特別授業を実施しました。
本学は2021年1月にUNWTOの賛助会加盟員として暫定承認をされ(2021年秋に正式承認予定)、今回の連携授業は2度目となります。

国連世界観光機関(UNWTO)とは:
観光分野における主導的な国際機関として、経済成長、包摂的な発展、持続可能な開発の推進力として観光を促進し、世界全体の知見と観光政策の質を向上させるための先頭に立ち、観光部門に対する支援を行う機関。
UNWTOのホームページはこちら

授業では「持続可能な観光に向けたUNWTOの取り組みと、観光・グローバル企業を目指す皆様へ」をテーマに講演が行われました。
まず、石崎氏がいくつかの国際機関でグローバルに取り組んだ仕事内容や海外での様々な経験についての話があり、それを踏まえて、観光産業やグローバル企業をめざす学生達に対してアドバイスがありました。

その後、UNWTOおよびUNWTO駐日事務所の概要と役割と、持続可能な開発目標(SDGs)達成へ向けたUNWTO各地域の取り組みや、観光におけるSDGsの取り組み、持続可能な観光地域経営の事例紹介、コロナ禍での国際観光の最新の動向と新型コロナウイルス感染症に対するUNWTOの取り組みなどについての話がありました。
途中、学生達は「観光地の抱える課題」を考えるペアワークにも参加し、世界における観光について広く知識を得ることができました。

UNWTOとは、今後も特別授業をはじめ様々な連携を予定しています。