OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 「第4回大阪成蹊カップ プレゼンテーション大会」を開催

「第4回大阪成蹊カップ プレゼンテーション大会」を開催

2021.02.08

お知らせ

大学から

第4回大阪成蹊カップ プレゼンテーション大会の表彰式が、2021年2月4日(木)に行われました。
大阪成蹊カップ プレゼンテーション大会は、PBL学修(課題解決型学修)の成果を発表する場として毎年開催しています。

本年はコロナ禍のため、12月1日(火)から2021年1月20日(水)を代表者プレゼンテーションの動画公開期間(Youtubeにてプレゼン動画を、全学生に限定公開で配信)とし、表彰式は学内で実施しました。

予選参加人数:
690名(3学部2年生全員)

発表者:
12チーム{経営学部代表5チーム、芸術学部代表3チーム(個人)、教育学部代表4チーム}
*1年生は、動画を視聴した上で課題提出

審査員:
学長、副学長を中心に、各学部の学外連携PBL担当教員

審査基準:
企画内容、①妥当性、②実現性、③新規性
発表の態度・声・わかり易さ
資料の出来、完成度、見易さ

公開場所(個人PC以外):
ラーニングコモンズ(図書館棟、及び南館分室)にて、動画視聴が可能な環境を設定

厳正な審査の結果、下記の学生が表彰されました。

経営学部の最優秀賞は、企画内容の実現性と妥当性、プレゼン資料の分かりやすさ、発表の伝え方など、総合的に評価され、芸術学部の最優秀賞は、企画案に至る背景とプレゼン資料の出来、完成度が高く評価されました。
また教育学部の最優秀賞は、今日的な課題に挑み、豊富な情報を盛り込みながら分かり易い構成が為されている点が評価されました。



本学では今後も、企業や地域と連携した学び、および学生がその成果を発揮できる機会を設けていきます。