教員紹介

教授(幼児教育コース主任)

石田 貴子

ISHIDA Takako

主な担当科目

教職論(初等)/ 専門基礎演習Ⅰ/ 保育原理/ 保育実習指導Ⅰ-1

所属 教育学部
最終学歴・学位 筑波大学大学院 博士課程教育学研究科 教育基礎学専攻 単位取得満期退学・修士(教育学)
専門分野

教育・保育思想

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・『「家庭団欒」の教育学』(共著 第6章「宴としての家庭団欒―音楽のある家」1・3・4節分担執筆)福村出版 2016年6月
・『子どもの心によりそう保育内容総論』(共著 第3章「子どもの発達の特性と保育内容」分担執筆) 福村出版 2016年3月
・『教職論』(共著 第3章「教師に求められる資質能力」分担執筆) 培風館 2010年5月

【論文】
・「デューイ・スクールにおける幼小連携・接続の研究(1)—実践の基盤としての理論の検討—」『いわき短期大学研究紀要』第43号 2010年3月
・「デューイ・スクールにおいて求められた教師の資質・能力—学校連携・接続の視点から—」『いわき短期大学研究紀要』第42号 2009年3月
・「デューイ教育思想における学校制度組織化の構想」『いわき短期大学研究紀要』第41号 2008年3月
・「デューイ学校論の再検討—価値多元化社会における経験の統合という視点から—」『いわき短期大学紀要』第33・34合併号 2001年3月
・「デューイの『コミュニティ』観・再論—共同体主義との関係で—」『日本デューイ学会紀要』第39号 1998年6月
・「人間発達におけるコミュニティの役割—デューイとマッキンタイアの所論を通して—」筑波大学教育思想研究会『教育と教育思想』第18集 1998年3月
・「後期デューイにおける学校論の特徴と限界—学校とコミュニティの関係から—」『日本デューイ学会紀要』第36号 1995年6月

【その他】
・「保育実習Ⅰ(施設)に関する統一評価票の作成プロセスに関する研究—福島県を事例として—」平成24年度全国保育士養成協議会東北ブロックセミナー福島大会共同研究発表 2012年10月
・「幼児教育科学生への絵本指導に関する考察—『知っている絵本』調査の結果から—」『いわき短期大学研究紀要』第44号 2011年3月
・「幼児教育科学生の図書館利用状況と今後の課題—『自ら学ぶ保育者』を育てるために—」『短期大学図書館研究』第28号 2009年3月
・「幼児教育科学生の想像力を伸ばす指導法の研究—平成18年度『子どもとお話』の授業における創作活動の試み—」『いわき短期大学研究紀要』第40号 2007年3月
・『食育研究会活動報告書—保育者に必要な食と文化に関わる体験的学習の研究—』(共著)2006年3月



学生へのメッセージ

大学での4年間は、長いようで短いものです。初心を忘れず、夢に向かってベストを尽くしましょう!