教員紹介

教授(副学部長/教育学科長 初等教育専攻担当/教育研究支援センター副センター長)

辻村 敬三

TSUJIMURA Keizo

主な担当科目

学部: 学校体験活動Ⅰ(初等)、キャリア実践Ⅱ、国語科内容論、学外連携PBL、専門基礎演習Ⅰ・Ⅱ、専門演習Ⅰ・Ⅱ、国語科指導法Ⅱ、国語科指導法、キャリア演習Ⅲ、読書と豊かな人間性
大学院: 学校教育実践演習Ⅰ

所属 教育学部/大学院 教育学研究科
最終学歴・学位 京都教育大学大学院・教育学修士
専門分野

国語教育 児童文学

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・「国語科内容論×国語科指導法」東洋館出版 2019年 
・「物語を読む力を育てる学習指導論 -もう一つの“読解力”を拓く」(渓水社 2009年)

【論文】
・「考えの形成を図る「話し合い」の手順と発話モデル」(月刊国語教育研究№555 2018年)
・「科学的読み物」に対する学習者の反応(共著)大阪成蹊大学紀要 第3号 2017年)
・「小学校国語科「書くこと」領域における随筆を書く学習指導過程試案」大阪成蹊大学紀要 第2号 2016年)
・「小学校国語科「書くこと」領域における「随筆」のモデル試案」(大阪成蹊大学紀要 教育学部編 第1号 2015年)
・「読むことの単元の導入方法に関する研究~小学校・文学的な文章の場合~」(京都教育大学国文学会誌 第41号 2014年)
・「読むことの学習指導における範読の実態と効果」(日本教科教育学会誌 第36巻第2号 2013.9)
・「“授業を変える”体験型研修の在り方」(国語科教育 全国大学国語教育学会 第71集 2012年)
・「『調べ学習』とは何か・・・類型化の試み(京都府総合教育センター研究紀要 第1集 2012年)  
・「『猫』の笑いを支える〈仕掛け〉−語り手=「吾輩」を巡って−』(京都教育大学国文学会誌 第27・28合併号 1997年)
・「子どもの書く意欲を育てる一枚詩文集のあり方と実践」(京都教育大学国文学会誌 第23号 1989年)

<その他教育雑誌への寄稿>
・「言語活動と一体化する“物語教材”の単元構成」(明治図書教育科学国語教育2015年)
・「今、文学教育実践に求められること -読書行為の本質を見据えた物語の学習指導-(国語教育展望)」(月刊国語教育研究№472 2011年)
・「校内研修の充実に資する「出前講座」-学校の課題に即応し、授業改善につながる研修方法として-」(中等教育資料 №907 2011年)
・「京都・山城地方における子どもの読書活動推進の取組」(学校図書館 第682号 2007年)
・「一人一人の個性に寄り添って進める作文の学習指導−一年生一年間の作文学習を振り返って」(月刊国語教育研究 №304 1997年)

【学会発表等】
・「説明的文章教材観の再検討 -「生き物は円柱形」をもとに(共著)」 -(全国大学国語教育学会 国語科教育研究 第126回名古屋大会)

【その他】
<講演活動>
・日本国語教育学会国語教育全国大会において、「随筆を書く授業作り」「物語を書く授業づくり」「“話し合い”を指導する」「書くことの授業づくり」等、〈ワークショップ型分科会〉を指導担当(2012年~2015年)
・京都府総合教育センター〈小学校国語科教育講座〉において講演、ワークショップ指導(2015年~現在)
・大阪府、京都府の小・中学校において、校内研修、研究授業の講師・指導助言

学生へのメッセージ

子どもの前に立つ仕事は、喜びとやりがいに満ちています。それだけに、“先生”には魅力的な人間性と専門的な能力が求められます。子どもの言葉、国語科の授業、子どもの文学、絵本・・・言葉と文学を軸にして、ともに学んでいきましょう。