教員紹介

准教授

瀧本 一夫

TAKIMOTO Kazuo

主な担当科目

教育実習事前事後指導(特支)/ 介護等体験(施設)/ 特別支援教育概論(初等)/ 障害者の生理病理と指導の方法

所属 教育学部
最終学歴・学位 京都外国語大学 外国語学部卒業
星槎大学大学院 教育学研究科 教育学専攻 修士課程修了・修士(教育学)
専門分野

特別支援教育

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・「特別支援教育の授業の理論と実際(通常学校編)」分著 あいり出版 2018年
・「実践を踏まえた、現場に役立つ特別支援教育(知的障害)の授業案づくり」編著 黎明書房 2016年
・「合理的配慮の視点で作る特別支援教育の授業作り&指導案作成ガイド」分著 明治図書 2014年
・「特別支援教育コーディネーターの基本的姿勢と実際」共著 明治図書 2007年
・「はじめての特別支援教育」分著 明治図書 2007年

【論文】
・「中学校道徳の時間における実践プログラム‐みんなちがって、みんないいをめざして‐」(査読付)「発達人間学研究」第20巻 第2号  pp.69-75  2020年
・「集団になじみにくい生徒への支援-中学校支援学級へのコンサルテーションを通して‐」(査読付) 「発達人間学研究」第20巻 第1号 p.10-21 2020年
・「特別な配慮を要する幼児の教育的支援にかかわるコンサルテーション」(査読付) 「発達人間学研究」第19巻
第2号 pp.49-56 2019年
・「重度・重複障害のある生徒の主体性を引き出す指導の実践」(査読付)  「発達人間学研究」第19巻第1号
pp.19-23  2019年
・「インフォーマルなアセスメントを通した地域支援」(査読付)  大阪樟蔭女子大学大学院人間科学研究科研究紀要第9号 pp.9-12  2015年

【学会発表等】
・インフォーマルなアセスメントを通した地域支援 大阪樟蔭女子大学コロキアム 2016年
・発達障害学会 ポスター発表「強度行動障害のある生徒への対応について」2013年
・特殊教育学会 口頭発表 座長「障害理解教育について」 2011年
・大阪養護教育振興会養護教育講座講師 「攻撃性について~情報処理過程からのアプローチ~」 
財団法人大阪養護教育振興会育徳会館 2009年
・NEW EDUCATION EXPO2008特別支援教育部門発表「地域の学校力向上を目指した支援の在り方」 大阪マーチャンダイズ・マート 2009年
・日本生命財団主催講演会講師「発達障害児への支援とアプローチ」 大阪日生病院 2008年
・日本特殊教育学会第45回大会自主シンポジウム「知的障害特別支援学校小学部における支援的方法論に関する実践的検討」指定討論者 神戸国際会議場 2008年
・大阪府養護教育研究会55周年記念大会「コーディネーターの役割と実際」指定討論者 大阪国際会議場 2008年
・近畿障害臨床研究会発表 「校内委員会のあり方」 大阪市阿倍野区民ホール 2008年
・大阪府発達障害者団体ネットワーク研究会発表 「個別の指導計画と個別の教育支援計画」大阪府立女性総合センター 2007年
・大阪府自立活動研究会記念大会発表「特別支援教育における養護学校の役割」ホテルアウィーナ 2006年
・国立特殊教育総合研究所主催フォーラム発表「校内体制の機能と盲・聾・養護学校への期待」東京オリンピックセンター 2006年

【その他】
・特別支援教育の実践情報(隔月刊)掲載  「アイディアいっぱい・誰にでもできる指導法」 明治図書 2015年
・第一回大阪教育大学スクールリーダー実践研究賞受賞 2015年

(免許等)
・養護学校自立活動教諭1種免許状 「言語障害教育」  (大阪府教育委員会) 2007年
・聾学校教諭2種免許状 (大阪府教育委員会) 2007年
・養護学校養護訓練教諭1種免許状 「肢体不自由教育」 (大阪府教育委員会) 1996年
・養護学校教諭2種免許状 (大阪府教育委員会) 1994年
・中学校教諭2級免許状(英語) (京都府教育委員会) 1885年
・中学校教諭1級免許状(中国語) (京都府教育委員会) 1883年
・福祉住環境コーディネーター3級 2016年
・言語聴覚士(ST)免許 2000年
所属学会 日本特殊教育学会 障害発達科学会 日本小児心身医学会学会など

学生へのメッセージ

特別支援学校で36年間、障害のある子どもたちと時間を共にしてきました。「わかった!」「できた!」の時にみせる子どもたちの笑顔は何物にも代えがたいものがあります。さあ、子どもたちの笑顔を引き出す支援について一緒に考えていきましょう。