教員紹介

准教授

片山 美穂

KATAYAMA Miho

主な担当科目

英語文学史Ⅰ/ パラグラフライティングⅠ/ 専門演習Ⅱ/ 英語文学史研究

所属 教育学部
最終学歴・学位 大阪大学大学院 文学研究科 英文学専攻博士後期課程修了・博士(文学)
専門分野

イギリス文学

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・『イギリス文学と文化のエートスとコンストラクション 石田久教授喜寿記念論文集』大阪教育図書、2014年8月、共著、「『アグネス・グレイ』における道徳と階級の問題――グレイ夫妻の結婚譚を考慮して――」pp. 223−232.
・阪大英文学会叢書7『移動する英米文学』英宝社、2013年12月、共著、「「生き埋め」のキャサリン・アーンショー――『嵐が丘』におけるゴシック――」pp. 84-98.
・『英米文学の可能性―玉井暲教授退職記念論文集―』英宝社、2010年3月、共著、II「 ヘレンの情熱――『ワイルドフェル・ホールの住人』における、アナベラの物語の挿入をめぐって――」pp. 377-387.

【論文】
・「「アングリアの雪吹雪―シャーロット・ブロンテの「マイナ・ローリー」における情熱の描写―」『大阪成蹊大学紀要』第8号、2022年2月、pp. 165-174.
・「「アングリアの最後に」とクォーシャ・クォーミナ――シャーロット・ブロンテの初期作品における情熱のテーマ――」『大阪成蹊大学紀要』第7号、2021年2月、pp. 159-165.
・「シャーロット・ブロンテの「ヘンリー・ヘイスティングズ大尉」における情熱の問題――眠れる森の美女としてのエリザベス・ヘイスティングズ――」『大阪成蹊大学紀要』第6号、2020年2月、pp. 279-285.
・「「陸軍元帥アレグザンダー・パーシー閣下の生涯」における天使と悪魔の構図――悪魔としてのアレグザンダー――」『ブロンテ・スタディーズ』第6巻第3号、2017年11月、pp. 47-61.

【学会発表等】「シャーロット・ブロンテの初期作品におけるフィニック――『ジェイン・エア』におけるジェイン、およびバーサと比較して――」日本ブロンテ協会関西支部2019年大会、平成31年3月、近畿大学
所属学会 日本英文学会、日本英文学会関西支部、日本ブロンテ協会

学生へのメッセージ

学生生活は長いようですが、あっという間です。一日いちにちを大切にして、皆さんの先生になるという夢を叶えるために充実した学生生活を送ってください。