OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《学部レポート》 JR西日本桃谷駅企画プロジェクト授業

《学部レポート》 JR西日本桃谷駅企画プロジェクト授業

2016.03.24

お知らせ

産官学連携

芸術学部:JR西日本『大阪環状線改造プロジェクト』との産学連携事業報告
今回、JR西日本『大阪環状線改造プロジェクト』が進める桃谷駅改良のコンセプトと、本学園の建学の理念が「桃李成蹊」であることをきっかけに、産学連携事業を行なってきました。
JR西日本からの依頼を受け、芸術学部ビジュアルデザインコース(担当:門脇教授)の学生が8グループに分かれ、桃谷駅の工事用仮囲いを活用した「桃谷の魅力を伝える」ポスター企画を検討しました。
 
オリエンテーションから、駅周辺や商店街などでの調査・取材、2回のプレゼンテーションを経て、最終的に3グループの案が採用となりました。
ポスター企画という課題でしたが、「桃谷の魅力を伝える」というテーマから、単発のポスターデザインでなく、テーマ性のある連続企画や、WEBでの広報、SNSを活用した展開などの提案までを行い、JR西日本の担当の方々から高い評価をいただきました。
 
 
 
 
 
 
採用された3グループのポスターの展示は、桃谷駅工事用仮囲いアート企画「桃谷アートミュージアム」として、桃の節句である3月3日(木)より行われています。
 
また、初日の3月3日(木)には、オープニングイベントが開催され、JR西日本より学生たちに感謝状と記念品が授与されました。
授与式の終了後には、学生たちは桃谷駅前商店街キャラクター「ももたん」とともに、「桃の節句」にちなみ、桃谷駅ご利用のお客様に、桃谷駅シンボルフラワーである桃の花(切り枝)を配布しました。
駅をご利用のお客様は、ポスターの掲出により、いつもとは違った駅構内をゆっくりと眺め、学生たちの制作したポスターを興味深く観覧していました。
 
■【JR西日本】大阪環状線改造プロジェクト
※上記URLは、外部サイトへリンクしています
 
 
 
 
 
 
 
  •