OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《報告》フットサル部が第14回全日本大学フットサル大会で第3位

《報告》フットサル部が第14回全日本大学フットサル大会で第3位

2018.08.29

お知らせ

クラブ活動

第14回全日本大学フットサル大会が2018年8月24日(金)~26日(日)に岸和田市総合体育館で行われ、本学フットサル部が第3位となりました。

同大会で昨年、一昨年と準優勝を果たしているフットサル部は、24日(金)には立命館アジア太平洋大学、金沢大学、25日(土)には慶應義塾大学といった強豪校を下し、準決勝に順調に駒を進めました。
26日(日)の準決勝、昨年敗れた順天堂大学との試合では、2-2の同点からPK戦へともつれこみましたが惜しくも敗れ、今年は決勝には一歩届かず、3位という結果となりました。

柴沼真監督コメント
「日頃よりフットサル部を応援してくださるすべての皆様に感謝申し上げます。今回の大会では、(PKでの負けをのぞけば)無敗のまま大会を去ることになり、非常に悔しい思いをしました。選手たちは様々な局面で死力を尽くして戦っており、結果を残せなかったことについては、強く責任を感じています。この悔しさをばねにして、さらなる飛躍ができるよう努力してまいりますので、引き続きご指導・ご鞭撻よろしくお願いします。」

キャプテン 山崎翼さん(マネジメント学部スポーツマネジメント学科4年)コメント
「目標とする初優勝には届かず、応援してくれた方々には本当に申し訳ありません。しかし、今回の大会で受けた声援は今まで感じたことが無いくらい大きく、非常に強く背中を押していただきました。心から感謝しています。全国大会とは、選手の力だけでなく、監督やスタッフ、そして学園・大学の力強いサポートがあって立てる場であると改めて感じました。皆さんありがとうございます。まだまだリーグ戦をはじめ戦いは続きますので、これからもフットサル部の応援をよろしくお願いします。」