OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《学内レポート》マネジメント学科 食ビジネスコースの学生が学外授業「農場実習を体験しよう!!」を実施

《学内レポート》マネジメント学科 食ビジネスコースの学生が学外授業「農場実習を体験しよう!!」を実施

2018.07.09

お知らせ

マネジメント学部

2018年6月23日(土)マネジメント学科食ビジネスコースでは、京都市右京区にある株式会社Brassicaの京北農場と筒江公民館で、農場長の吉田修也氏による講義と農場実習を含めた学外授業を開講しました。前半の講義では、朝採れのロメインレタスを試食しながら企業による農業経営の特徴など、『学生に野菜をたくさん食べてもらうには』というテーマのアクティブラーニングを交え、分かりやすく指導して頂きました。


▲吉田氏:講義「農業経営と農業技術」の様子

後半は、朝採れの九条ねぎの葉を3~4本に整える調整作業を全員で行い、甲子園球場よりも広い圃場に出向きました。㈱Brassicaでは収穫した無農薬野菜を祇園の料亭などを中心に高級飲食店や大手スーパーマーケットに納めているため、野菜の品質を高めるための栽培技術について説明して頂きました。また、成熟した野菜の味を体験し、無農薬栽培に貢献しているヤギの餌やりなども目を輝かせながら体験しました。


▲九条ねぎの葉を整える調整作業の様子


▲圃場作業の説明と試食体験の様子(採れたてグリンピースはとても甘い)

受講した学生からは、
「高品質高付加価値の野菜を作ることは一筋縄ではいかないと感じた」
「商品を買うときは情報をしっかり確認しなければならないことがわかった」
「すぐれた栽培技術によって育てられた野菜はこんなにも野菜本来の味が味わえるのだと思った」
など感想がよせられました。