OSAKA SEIKEI TOPICS

《報告》2018年度「動物とふれ合う写生会」を開催

2018.06.13

お知らせ

芸術学部,大学から

2018年6月3日(日)、大阪成蹊大学・大阪成蹊短期大学 相川キャンパスにて「動物とふれ合う写生会」を開催しました。当日は天候にも恵まれ、3,000名以上もの方々にご参加頂きました。

キャンパス内に30種以上の動物が集まり、写生を楽しんだり、動物たちと触れ合って楽しむ姿が見られました。

本イベントは、大阪成蹊大学 芸術学部の学生と大阪成蹊女子高等学校 幼児教育コース/美術科の生徒が運営し、当日は大学生が中心となって、来場者の誘導や受付・本部の対応、動物たちとの触れ合いのサポートなどを行いました。
講評コーナーでは、子どもたちの描いた絵を芸術学部の教員や学生が見てアドバイスをしていました。


▲運営する学生


▲講評コーナー

また、大阪成蹊短期大学附属こみち幼稚園のブースでは子ども向けのワークショップも実施され、こちらも盛況でした。


▲ワークショップ「つくってあそぼう」の様子。未就学児には紙風船のプレゼント

さらに、東淀川区と芸術学部との連携事業として、災害時の食糧備蓄方法である「ローリングストック法」のPRブースも設置され、学生の作成したPRパンフレットの配布も行われました。

写生会終了後のアンケートでは、来年もぜひ実施して欲しいとのご意見が多数寄せられました。
お越し頂いた皆様、誠にありがとうございました。