OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《学内レポート》マネジメント学科食ビジネスコースが特別授業「ヘルシー惣菜を開発して販売しよう」を開催

《学内レポート》マネジメント学科食ビジネスコースが特別授業「ヘルシー惣菜を開発して販売しよう」を開催

2018.06.12

お知らせ

マネジメント学部,産官学連携

2018年5月22日(火)・29日(火)、マネジメント学部マネジメント学科食ビジネスコースでは、中日本フード株式会社 経営戦略室 室長の増田俊介氏と、財団法人京都予防医学センターの山名美奈子氏をお招きし、特別授業を開講しました。

学生たちはこの授業において、食品メーカーの営業戦略の考え方を学ぶPBL(課題解決型学習)として「ヘルシー惣菜を開発する」課題に挑戦します。今回開発するのは、筋肉量を増加させることにより病気や身体の衰えを予防する、いわゆる「筋活」をコンセプトとしたヘルシー弁当です。

課題に先立ち、増田氏からは「食品スーパーの惣菜部門で支持される弁当とは?」というテーマで説明がありました。


▲中日本フード株式会社 経営戦略室 室長の増田氏による講義

続いて山名氏からは、食事によって筋肉を保つことに関する知識や技術について、演習を交えながら説明がありました。


▲財団法人京都予防医学センターの山名氏による講義

受講した学生からは、「ヘルシーな惣菜を必要とする消費者が増えていることを知った」、「筋肉を落とさない食事の大切さを感じた」、「企業の方から直接話を聞くことができモチベーションが高まった」などの声が上がりました。

今後はグループに分かれて、オリジナル惣菜の企画提案と販促ツールの作成に取り組みます。7月上旬にはスーパーマーケットで試験販売を行う売場実習に臨む予定です。