OSAKA SEIKEI TOPICS

《報告》2018年度(平成30年度)入学式を挙行

2018.04.05

お知らせ

大学から

2018年4月1日(日)に、大阪成蹊大学、大阪成蹊短期大学の2018年度(平成30年度)入学式をグランキューブ大阪メインホールにて挙行し、本年度は大阪成蹊大学に658名、大阪成蹊大学大学院に7名、大阪成蹊短期大学に762名の新入生を迎えました。

大阪成蹊大学の武蔵野学長は、「本学では、将来社会に出て活躍する人を育てる教育を進めています。それは一言で申し上げると『人間力』教育です。みなさんは本学の4年間の学びをとおして、幅広い教養をもとにした『確かな専門性』を獲得し、長い人生の中で働き続けていくために必要な『社会で実践する力』を養い、そして『他者と協働できる素養』の3つの力を身に付けて欲しい。」と式辞を述べました。

▲武蔵野 實 大阪成蹊大学学長

続いて、マネジメント学部 国際観光ビジネス学科から辻 稀介さんが、大学院教育学研究科から牧野智之さんが新入生代表として宣誓を行いました。その後、石井理事長・総長が祝辞を述べ、また大阪成蹊学園後援会より新入生に記念品が贈られました。

▲石井茂 大阪成蹊学園理事長・総長

最後に、日本センチェリー交響楽団によるクラシックコンサートが開催され、全5曲の優雅な演奏によって新入生を歓迎しました。