OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《告知》2019年4月、芸術学部に「ゲーム・アプリケーションコース」が誕生、ディライトワークス株式会社の塩川洋介氏が客員教授に就任

《告知》2019年4月、芸術学部に「ゲーム・アプリケーションコース」が誕生、ディライトワークス株式会社の塩川洋介氏が客員教授に就任

2018.03.01

ニュースリリース

芸術学部,産官学連携

2019年4月、大阪成蹊大学 芸術学部 造形芸術学科に、新たに「ゲーム・アプリケーションコース」が誕生します。

芸術学部でこれまで行ってきたゲームデザイン、3DCGなどの学びをさらに発展させ、VRなどの最新機材、大手企業採用のゲームエンジンを採用した充実の環境で、未来のクリエイターを育成します。コースの指導陣には第一線で活躍する現役クリエイターが多数在籍し、数多くの作品を手がけてきたプロフェッショナルから直接指導を受けることができます。

さらに今回、「ディライトワークス株式会社」と連携協定を締結し、同社の執行役員クリエイティブオフィサーを務める塩川洋介氏を芸術学部の客員教授に迎えます。ディライトワークス株式会社は、国内累計1200万ダウンロードを突破した人気スマートフォン向けRPG「Fate/Grand Order」など様々なゲームの企画・開発・運営を行っており、現役のゲームクリエイターが、本業のクリエイティブ活動を行いながら大学の教員に就任することは珍しい取り組みです。


▲客員教授に就任する塩川洋介氏

スマートフォン向けソーシャルゲームが主流となるなど激動の時代にある近年のゲーム市場では、新しい環境や変化に対応できる力を持つ人材が求められます。ゲーム・アプリケーションコースでは現場で実際に使用された企画書・仕様書を用いた演習課題を行うことで、デザインの技術力だけでなく、「今」現場で必要とされる柔軟なディレクション力やチーム運営能力を修得し、プロとして通用する人材を育成します。

※開設に関する情報は2018年3月時点での予定です。内容は変更になる場合があります。

ゲーム・アプリケーションコースの構想説明・体験プログラムを2018年3月25日(日)のオープンキャンパスにて開催します。
それ以降のオープンキャンパスでもコースの学びを知る様々なプログラムを開催予定ですので、興味のある方は是非お越しください。
オープンキャンパスについては入試NAVIをご確認ください。

ディライトワークス株式会社 ニュースリリース
http://delightworks.co.jp/news/20180301-1294