OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《学内レポート》芸術学部学生が病院にヒーリングアートを設置

《学内レポート》芸術学部学生が病院にヒーリングアートを設置

2018.02.06

お知らせ

芸術学部,産官学連携

芸術学部の学部共通科目「プロジェクト演習」の授業では、芸術活動を通して社会的課題を解決する力を養うため、学外での様々な制作実習に取り組んでいます。

2018年1月、学生たちは兵庫県川辺郡猪名川町の今井病院において、ヒーリングアートの制作・設置に取り組みました。
今井病院と協働した取り組みは2012年度よりスタートし、過去にもヒーリングアートの設置を行ってきました。今回は「どうぶつたちのキラキラサーカス」をテーマに、長期入院されている患者の方々や、それを支えるご家族、病院スタッフの方々にとって、気持ちが癒され明るくなるような作品をめざして制作しました。
学生たちが相談し合って考案・デザインしたイラストを出力しパネルに貼ったものを持ち込み、丸1日かけて10mを超える院内の渡り廊下の両サイドを飾りました。廊下は躍動感ある賑やかで可愛らしい動物たちでいっぱいになり、院内がぱっと明るくなったようでした。

作業途中には院内の方から「今度はどんな作品を作ってきてくれたのか楽しみにしていました」などのお声かけをたくさんいただき、学生たちはやりがいを感じながら取り組むことができたようでした。
芸術学部では今後も、社会の中で芸術やデザインが果たす役割について考え、実践する力を養う授業を展開してまいります。

▼設置作業の様子