OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《報告》造形芸術学科ビジュアルデザインコース2年生尾崎友梨さんが「日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション」で銀賞を受賞

《報告》造形芸術学科ビジュアルデザインコース2年生尾崎友梨さんが「日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション」で銀賞を受賞

2017.12.06

お知らせ

芸術学部

芸術学部 造形芸術学科 ビジュアルデザインコース2年生の尾崎友梨さんが、「ASPaC Awards 2017(日本・アジア学生パッケージデザインコンペティション)」に日本代表として出場し、銀賞に選出されました。

ASPaCとは、独立行政法人国際基金、一般社団法人アスパック協会、公益社団法人日本パッケージデザイン協会が推進する事業で、アジア各国・地域の行政機関、学校、教員、デザイナー、企業が一体となり「デザインを通してアジアを一つにし、アジアの若い匠の力を育成すること」を目的としています。
アジア各国の学生が様々な日用品の外装デザインのアイデアを競う「ASPaC Awards」は、同分野の学生コンペティションでは最大規模と言われ、今年は9ヶ国、地域から3,000点を超す応募がありました。

今回のテーマは「チャレンジ(挑戦)」。尾崎さんは、持ち運びや用途に便利さと新しさを盛り込んだ環状の飲料ボトル「わ。」を提案し見事銀賞を獲得、日本人として最高賞に輝きました。
尾崎さんの作品を含む入賞・入選作品は、2017年12月5日(火)~10日(日)に新国際ビル(東京都千代田区丸の内3-4-1)の「GOOD DESIGN Marunouchi」で展示されます。
また、2018年1月12日(金)には大阪長堀橋のペーパーボイス大阪(大阪市中央区南船場2-3-23)でも巡回展が開催され、入賞作品が展示される予定です。

▼受賞した尾崎友梨さんとアスパック協会会長フミ・ササダ氏

▼尾崎さんの作品、環状の飲料ボトル「わ。」


▼受賞した学生たち

▼発想豊かな作品の数々