OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《報告》マネジメント学科食ビジネスコースの学生が「食とテーブルコンテスト」で最優秀賞を受賞

《報告》マネジメント学科食ビジネスコースの学生が「食とテーブルコンテスト」で最優秀賞を受賞

2017.09.05

お知らせ

マネジメント学部

マネジメント学部マネジメント学科食ビジネスコース2年生の橋本奈実さん、伏見雅也さん、ブイヴァンアインさん3名によるテーブルコーディネート作品が、「第15回愉しい食卓フェア『食とテーブルコンテスト』」で最優秀賞を受賞しました。

この「食とテーブルコンテスト」は、関西の大学生、短期大学生、専門学校生、高校生などを対象にテーブルコーディネート作品を募集するもので、食べやすさ、清潔さ、アイデア性、コミュニケーション性、見た目の良さなどの審査基準にもとづいて審査が行われます。
最優秀作品「おじいちゃんの玉手箱」は「家族で祖父の誕生日を祝う」という設定で制作されたもので、家族の温かさやお祝いらしさを感じさせるテーブルコーディネートが評価されました。

2017年9月2日(土)には、関西大学リサーチアトリエ他で表彰式と作品の展示が行われ、大阪市北区の上野信子区長から賞状ならびに賞金・賞品を授与されました。上野区長からは、「北区で学生が主役のイベントが開催されるのは大変喜ばしいことです。今後も若い学生さん達の挑戦を応援していきたいと思います。」、実行委員長の山口泰子氏からは「学生さんの熱意に感激しました。今後も食分野の勉強を続けてください。」というメッセージをいただきました。また審査委員長である丹波焼作家の清水千代市氏からは「学生らしいアイデアが随所に感じられました。全審査員満場一致で最優秀賞に決まりました。」と講評をいただきました。

受賞した学生は「3人で考え抜いて制作した作品なので、とても嬉しく思います。これからも色々なことにチャレンジしていきたいです。」とコメントし、会場から盛大な拍手を受けました。

なお、今回のコンテストでは大阪成蹊短期大学調理・製菓学科フードコーディネートコースの学生や、同じ食ビジネスコースの学生による作品も入賞を果たしています。

今後も食ビジネスコースでは、学生が学びの成果を発表できる機会を創出するために様々な活動を続けてまいります。

【受賞結果詳細】

最優秀賞「おじいちゃんの玉手箱」
大阪成蹊大学 マネジメント学部マネジメント学科食ビジネスコース
橋本奈美 伏見雅也 ブイヴァンアイン

優秀賞「アダムとイブ」
大阪成蹊短期大学 調理・製菓学科 フードコーディネートコース
岩間響子 武田海希 松園沙耶 松村綾奈

入賞「幼なじみはシンデレラ」
大阪成蹊短期大学 調理・製菓学科 フードコーディネートコース
浅田桃花 石田梓 上野沙織 岡留美咲 朴柚記 半埜織十音 松本梨菜 村上優香 山根萌子

入賞「私たちの晩餐会」
大阪成蹊大学 マネジメント学部マネジメント学科食ビジネスコース
牧野愛士 山元かれん 山本大輝 李湘龍

▼最優秀賞作品「おじいちゃんの玉手箱」
家族の好きな海をイメージ。テーブル中央の玉手箱に見立てた重箱がポイント

▼入賞作品「私たちの晩餐会」
映画「美女と野獣」をイメージ

▼表彰状と賞品を受け取る代表の学生

▼代表の学生と指導にあたった大阪成蹊短期大学 調理・製菓学科の草尾賀子准教授(左)、実行委員長の山口泰子氏(右)