OSAKA SEIKEI TOPICS

《報告》2017年度入学式を挙行

2017.04.04

お知らせ

大学から

2017年4月1日(土)、大阪成蹊大学、大阪成蹊短期大学の2017年度入学式をグランキューブ大阪メインホールにて挙行し、本年度は大阪成蹊大学に520名、大阪成蹊短期大学に803名の新入生を迎えました。

 まず初めに学園歌紹介、国歌斉唱、続いて大阪成蹊大学 武蔵野学長、大阪成蹊短期大学 南学長が式辞を述べました。
武蔵野学長は、「大阪成蹊大学では、人に感動を与え、知識と能力を持ち、地域社会や組織のために尽くす、そのような『人間力』のある人材の育成をめざしています。そのために本学では、『確かな専門性』、『社会で実践する力』、『他者と協働できる素養』の3つの力を身につけます。
また本学の授業はアクティブ・ラーニングを軸としており、主体的で対話的な、深い学びを推進しています。様々な課題に対して能動的に取り組み、人格を持った個人として、また自覚を持った大人として、活躍していただきたいと願っています。」と語りました。

続いて、教育学部 教育学科 初等教育コースの柴山亜沙美さんが新入生代表として宣誓を行いました。

その後、石井理事長・総長が祝辞を述べ、「学生時代は多くの人と協調し、問題を解決できる『人間力』を高めてほしい。ますます活気があふれる本学園において、自信を持ってあらゆることに積極的にチャレンジし、失敗の中から多くを学ぶ人になってほしい。」と新入生に向けて激励の言葉を贈りました。
式の最後には大阪成蹊学園後援会より新入生に記念品が贈られました。

入学式閉会後、在学生に対する学生表彰が行われました。成績優秀者表彰、学術研究活動表彰、課外活動の団体・個人表彰など、2016年度に顕著に活躍した在学生が表彰され、新入生は先輩である在学生の活躍について熱心に聞き入っていました。

最後に、新入生を歓迎するクラシックコンサートが開催され、ブラームス「大学祝典序曲」、ヨハンシュトラウス2世「アンネンポルカ」、ワルトトイフェル「女学生」、ヴェルディ「乾杯の歌」、ヨハン・シュトラウス1世「ラデツキー行進曲」と、全5曲の優雅な演奏によって締め括られました。

本年度の入学者の内訳は以下の通りです。

<大阪成蹊大学>

マネジメント学部 204名
芸術学部 191名
教育学部 125名

【計520名】

<大阪成蹊短期大学>

幼児教育学科 302名
栄養学科 122名
調理・製菓学科 134名
生活デザイン学科 60名
観光学科 102名
経営会計学科 55名
グローバルコミュニケーション学科 28名

【計803名】

▼入学式の様子


▼武蔵野学長 式辞

▼石井理事長・総長 祝辞

▼熱心に聞き入る新入生

▼オーケストラによる演奏