英語の先生になる / 保健体育の先生になる “夢”を実現する

          大阪成蹊大学 教育学部 教育学科
          中等教育専攻
          英語教育コース
          保健体育教育コース
          2018年4月開設予定
          認可申請中
          ※設置構想は2017年4月時点での計画であり、変更することがあります。

英語・保健体育で中学校・高等学校・小学校の先生を
めざす。

教育学部 教育学科では
従来からある初等教育、幼児教育の学びに加え、中等教育専攻を新たに開設、
2コースの学びがスタートします。

教員メッセージ

  • 写真

    「教育とスポーツ医科学の融合」を極める

    保健体育教育コースでは、生徒の能力を最大限に引き出すことができる保健体育科教員を育成します。スポーツが得意なだけでは良い指導者にはなれません。人体の構造と機能を理解し、科学的根拠にもとづいて、個々の能力を最大限に高めるパーソナルトレーニング、スポーツ傷害予防に関する学びを豊富に取り入れます。スポーツを通じて友と友、生徒と教員を繋ぎ、スポーツ現場での秒刻みの変化に対応できる感性を身につけ、「教育とスポーツ医科学の融合」を極めてみませんか。

    教育学部 教育学科

    安部 惠子学科長

    博士(学校教育学)。専門分野はスポーツ生理学・発育発達論。中でも、子どもの体力、身体活動量、骨密度、接地足跡についての論文多数。文部科学省委託研究「幼児期運動指針実態調査研究」委員、大阪市教育委員会「子どもの体力向上推進コンソーシアム」委員長などを務める。

  •   

      

  • 写真

    英語が好き、英語を教えることに興味がある方をお待ちしています。

    英語教育コースでは海外研修を通して、英語コミュニケーション能力の向上に加え、現地の教育現場を知ることで国際的な視野を広げます。授業では、英語学や英米文学、異文化理解などの英語教育の柱となる講義はもちろん、子どもに英語を教えるための児童英語教育関連の科目や、英語で英語を教える方法、授業づくりの方法など、実践的な学びを深める科目が豊富に用意されています。
    英語が好きな方、英語を教えることに興味がある方、ぜひ一緒に学びましょう。

    教育学部 教育学科

    赤沢 真世准教授

    修士(教育学)。専門分野は教育方法学、英語教育学。カリキュラムや教育方法、小学校外国語活動についての研究論文や学会発表、講演多数。京都府、大阪市教育委員会などの小・中・高の英語教育に関する委員等を歴任し、地域と密着した実践的指導・研究にも取り組む。

  •   

      

Point 1
教育現場での経験が積める
豊富な実習

1年次には見学実習、2年次には教育インターンシップ、3年次には教育実習と、着実にステップアップできる実習を用意。
中でも特徴的なのが、教育インターンシップ。2年次、全員が毎週水曜日に学校・幼稚園・保育所に通い、先輩教員・保育士の指導法を早期から現場で直接学ぶことができます。

Point 2
教職をサポートする
専門のセンター

こども教育支援センター」では、実習先の園、学校、施設、教育委員会との連絡調整を行い、実践的な学びをコーディネートしたり、実習中に担当教員が個別に巡回指導を行います。

教育人材育成センター」では各行政別教員採用試験の最新情報にもとづく対策やエントリーシートの指導を行います。

Point 3
15地域の市・町教育委員会との
密接な連携

大阪市、堺市、京都市、吹田市、茨木市、高槻市、東大阪市、豊中市、池田市、箕面市、豊能町、能勢町、摂津市、島本町、川西市の教育委員会と連携協定を結んでいます。
この密接なネットワークを活かして、学生が子どもと直接触れ合うインターンシップ、教育実習、ボランティア活動など、現場と連携した学びの機会を創出しています。

※2017年4月現在

テレビCM公開中

オープンキャンパス開催中

中等教育専攻の学びについて、オープンキャンパスで詳しくご紹介します。個別質問も受け付けますので、ぜひお越しください。
詳しくはこちら

資料のご請求

資料・願書請求はインターネット、お電話のいずれかの方法で受付しています。また、デジタルパンフレットですぐに閲覧いただけます。
詳しくはこちら