大阪成蹊大学 10の特色

  • Feature

    1

    マネジメント・教育・芸術3学部14の多彩な学び

    写真

    2012年に芸術学部のキャンパスを相川に移転、2014年に教育学部を新設、2016年にはマネジメント学部スポーツマネジメント学科を新設など、大阪成蹊大学は社会のニーズに応えて発展を続けています。2016年4月には3学部で500人を超える入学生を迎えました。

  • Feature

    2

    就職に強い丁寧なキャリアサポート

    写真

    大阪成蹊大学では、教員や各学部専任の就職部スタッフが連携して、学生一人ひとりに合わせた就職サポートを行っています。個別相談や各種就職プログラムが充実。定期的に学内で開催する企業セミナーからは、就職希望者の5人に1人が採用内定を獲得しました。また、教員をめざす学生には、採用試験対策など、教員や教育人材育成センターがサポートし、現役合格をめざします。

  • Feature

    3

    大阪・梅田からのアクセス抜群の都市型大学

    写真

    梅田から電車の乗換なしで、17分の好立地。また、最寄り駅からも300mと近く、通学が便利です。加えて、JR京都線「吹田駅」、地下鉄今里筋線「井高野駅」などからも無料スクールバスを運行しているので京阪沿線、大阪東部、奈良からのアクセスも非常に便利です。

  • Feature

    4

    少人数だからこそ実現できるアクティブラーニング型授業

    写真

    大阪成蹊大学では、講義・演習科目、キャリア支援科目の中に、アクティブラーニングの一環として、PBL(Project-Based Learning 課題解決型学習)を導入しています。PBLとは、企業や地域から課題が提示され、学生たちがリサーチや議論を重ね、課題解決を行っていく実践型の学修です。経験豊富な社会人の方々や本学の教員の支援を受けながら、チームで取り組むことで、授業全体の理解力、総合的な判断力を養います。

  • Feature

    5

    全国・世界へも躍進する競技者・アーティストの輩出

    写真

    一流の監督やコーチから直接指導が受けられる「強化クラブ」は全国レベルの大会で成績を残しています。女子陸上競技部からは、4人がリオデジャネイロオリンピックに向けたナショナルチームメンバー入りを果たしました。また、指導者として世界に羽ばたく学生も。さらに、スポーツだけでなく、芸術学部からは本学学生が続々とデビュー・受賞しています。

  • Feature

    6

    教員養成のための充実したサポート

    写真

    教員養成のための実践的な学びをサポートするセンターが整っています。「教育研究支援センター」では、地域連携や産官学連携、資格取得、国際交流を支援しています。「こども教育支援センター」では教育実習、施設実習、介護等体験実習など実践的な学びの機会を提供。「音楽教育支援センター」ではピアノ教育の企画、運営、指導を行い、学生の技能向上を支援します。

  • Feature

    7

    強力な地域連携で教員免許状の取得をバックアップ

    写真

    教育学部では、徹底した現場教育を実現し、小学校・幼稚園の教員免許状、保育士資格の3つが取得可能です。また、近隣の市・町教育委員会との連携協定を生かして、インターンシップ、教育実習、ボランティア活動など、現場と連携した学びの機会を創出しています。さらに、教育人材育成センターでは、採用試験合格、就職に向けた正課外講座や自学自修のサポートを行っています。

  • Feature

    8

    最前線で活躍するトップクリエイターなど強力な指導体制

    写真

    芸術学部では、専門にそったプロのクリエイターなどの強力な教授陣から直接指導を受けることが出来ます。現場を知るトップクリエイターから実践的に学んだ技術と知識によって、2015年には在校生が昭和会展で入賞するなど成果を挙げる学生がますます増えています。

  • Feature

    9

    芸術実習棟、教育学部向けピアノ練習室、学内専用英会話スペースなど学びを支える充実の施設・設備

    写真

    2015年に増改築されたばかりの芸術学部の実習棟では、撮影スタジオ、DTPルームなど専門設備が整っています。また、大手英会話学校ベルリッツのネイティブ講師による本学学生専用の無料英会話スペース「English *CELL*」や、112台のピアノと104室のレッスン・練習室など大学での学びを支える施設が充実しています。

  • Feature

    10

    活発な国際交流でグローバルな人材を育成

    写真

    大阪成蹊大学では、国際感覚を持った人材育成をめざして、国際交流に力を入れています。アジア・ヨーロッパの協定校間と交換留学制度を設けており、海外の協定大学へ学生を派遣する一方、留学生受け入れにも積極的に取り組んでいます。また、アジア教育連盟の協定校の間で、学生の共同学習プログラムに参加する機会もあります。