海外研修奨学金制度

本制度は学生の豊かな国際経験と語学力の習得、キャリアと密接に関わる世界の最先端に触れる機会の提供、外国の文化、習慣、思考法を学ぶとともに異文化コミュニケーション能力の要請などをねらいとしています。
海外研修の費用の一部を奨学金として支給しています。詳しくは、各学科・コースにお問い合わせください。

プログラム 一覧

海外研修プログラム(一例)

プログラム内容 行き先 期間

マネジメント学部 マネジメント学科 観光ビジネスコース

「アメリカ旅行会社とのグローバルな視点からの観光ビジネス理解研修」
アメリカ合衆国 8日間

マネジメント学部 スポーツマネジメント学科

海外ビジネス調査「バルセロナで日本のスポーツビジネス発展のヒントを学ぶ」
スペイン 10日間

芸術学部 マンガ・デジタルアートコース

「世界におけるエンターテインメント分野の原点、ハリウッドで学ぶ!」
アメリカ合衆国 7日間

芸術学部 インテリア・プロダクトデザインコース

プロフェッショナル・デザイナー研修「メジャー国際展覧会(シンガポール)での作品出展」
シンガポール 7日間

教育学部

海外教育演習「比較教育実践研修 ーオーストラリア(ケアンズ)における学校教育ー」
オーストラリア 6日間

Voice 研修支援制度利用者の声

  • 写真

    参加プログラム:海外スポーツビジネス調査

    参加日程:2016年9月8日~2016年9月17日

    バルセロナでは、欧州の最先端のスポーツビジネスに触れることができました。
    9万8千人を収容するFCバルセロナの本拠地カンプノウでは、施設運営の責任者の方から創設117年を刻むクラブの歴史やチーム運営、15万人を数える独自の会員制の運用などプロサッカークラブのマネジメントについて幅広く学びました。
    また、大学のスポーツ施設をビジネス化するバルセロナ自治大学で顧客サービスの特別講義を受けたり、富裕層をターゲットにした高級フィットネスクラブでパデルテニスを体験したりする中で、工夫を凝らした様々な取り組みを目にしました。
    日本にはない経営戦略を知ることができ、とても意義のある海外調査でした。

    マネジメント学部スポーツビジネスコース

    岩田嵯友里さん