海外研修「グローバル・アクティブラーニング」の推進

大阪成蹊大学では、豊かな国際経験と語学力の修得、および専門分野をグローバルな視点で学ぶことを目的として、短期海外研修を実施しています。

  • 1

    海外での主体的な学びと体験を重視した
    「グローバル・アクティブラーニング」
    で大きく成長できる

  • 2

    各学部・学科の学びと連携した
    専門的なプログラム内容が充実

  • 3

    研修費用の一部を
    奨学金 として支給し、
    学生の参加をサポート

海外でも学生主体で能動的に学ぶ「アクティブラーニング」を実践

課題解決力を身につける

本学では、学生が能動的・協働的に学ぶ、アクティブラーニングを重視しています。海外研修にアクティブラーニングの手法を取り入れることで、海外での学びをさらに有意義なものにします。「グローバル・アクティブラーニング」では、渡航前に訪問国について事前学習→現地で実践的な体験・調査→帰国後に発表・振り返り、という流れで、学生主体で協働しながら学びます。
異なる言語や文化の中で課題に取り組むことで、国際的な視野での課題解決力を養うことができます。

学部・学科の専門教育と連携した実習・演習が充実

海外で専門分野の知識・スキルを深める

アメリカのプロスポーツチームの運営陣の講義や、ヨーロッパの食料品の生産、流通現場の見学、海外の幼稚園や小学校での子どもたちとの交流など、各学部・学科・コースの専門教育に関わる内容を海外で学ぶプログラムも充実。将来めざす分野における日本と海外の違いを知り、その背景を分析できる力を身につけ、グローバルに活躍できる人材を育てます。


教育学部「比較教育実践研修」、オーストラリアの保育園での園児との交流

プログラム 一覧

2017年度実施予定 大阪成蹊大学 グローバル・アクティブラーニング プログラム

学科・コース プログラム名 2017年度
渡航先
(予定)
正課・
正課外
概要 期間
マネジメント学部
スポーツマネジメント学科

海外スポーツビジネス調査

アメリカ 正課 カリフォルニア大学デービス校で、カレッジスポーツのチーム運営や財務管理など、スポーツをビジネス化する上での基礎知識を学びます。また、MLBやNBAの施設、試合を視察し球団職員から顧客サービスなどマーケティングについて学びます。 7日間
マネジメント学部
マネジメント学科
食ビジネスコース

カマンベールチーズ流通経営のビジネスモデルを学ぶ

フランス 正課外 フランスの職業研修センターや農業学校での学びを通し、カマンベールチーズの生産・流通について学びます。グローバルな視点で食ビジネスを考える力を養います。 9日間
芸術学部
造形芸術学科
ビジュアルデザインコース

GLOBAL ACTIVE LEARNING PROGRAM
VISUAL POWER

韓国 正課外 協定校である韓世大学校ビジュアルコミュニケーションコースの学生と共に共通制作物、プレゼンテーションに取り組みます。文化的背景から共通点や相違点を議論し、「デザイン」を通して課題解決をめざします。 5日間
芸術学部
造形芸術学科
インテリア・プロダクトデザインコース

プロフェッショナル・デザイナー研修

―メジャーな国際展覧会での作品出展―
シンガポール 正課外 世界的な家具の展示会「International Furniture Fair Singapore」に作品を出展します。作品と展示ブースの制作、世界の最先端のデザインリサーチ、英語での営業販売など、プロデザイナーとしての実務を体験します。 7日間
教育学部

比較教育実践研修

―オーストラリア(ケアンズ)における学校教育―
オーストラリア
正課 オーストラリアの保育園、幼稚園、小学校の視察や現地の教員、児童との交流を通じて、現地の学校教育事情を学びます。日本の学校教育と比較することで、教育に関する理解を深めます。 7日間

Voice グローバル・アクティブラーニング プログラム参加者


  • 写真

    写真

    参加プログラム:プロフェッショナル・デザイナー研修/メジャーな国際展覧会での作品出展」

    参加日程:2017年3月9日~2017年3月12日

    「International Furniture Fair Singapore」という世界的な家具の展示会で作品を展示しました。私が作ったのは「折り畳み式のお風呂」で、当時地震の映像を見て「どこでも設置できるお風呂があれば避難所でも癒しの空間を作れる」と思ったのがきっかけでした。展示会では様々な企業やデザイナーが出展していて、魅力的な家具やプロダクトを見て回りました。自分のブースにも来場者が訪れ、英語で説明をしたのですが、普段の授業で作品について発表する機会が多いので落ち着いて伝えられました。
    展示会以外の日は、マリーナベイサンズ、スリマリアマン寺院、アラブストリートのモスクなど、特色豊かなシンガポールの建築物を見学しました。地震が少ない国ならではの高層ビルや、巧みな照明の使い方が印象的でした。

    芸術学部 造形芸術学科 インテリア・プロダクトデザインコース プログラム参加時3年生

    伊達 江李華さん

  •   

      

  • 写真

    写真

    参加プログラム:比較教育実践研修-オーストラリア(ケアンズ)における学校

    参加日程:2017年3月5日~2017年3月10日

    ケアンズの私立・公立の小学校を訪問し、先生方がどのように授業を進めているか、生徒たちがどのように授業に取り組んでいるかを観察し、時には先生として授業に参加させてもらいました。現地では生徒が日本のように並んで着席するのではなく、床に座ってリラックスしながらディスカッションをしていて、教育実習で経験した日本の学校に比べて生徒が「教室での授業=窮屈なもの」と捉えず、自ら楽しんで参加していたのが印象的でした。また、分かる範囲の英語とジェスチャーを使って生徒たちとコミュニケーションを取れたのが嬉しかったです。これからもグローバルな視点で教育について考えていきたいです。

    教育学部 教育学科 初等教育コース プログラム参加時3年生

    間部 浩貴さん

参加費の一部を大学が負担し、参加を支援

本学では、海外研修参加費用の一部を奨学金として支給し、学生の海外での豊かな学びをサポートしています。
詳しくは、各学科・コースにお問い合わせください。