【経営学部】 観光ビジネスコース【経営学部】 観光ビジネスコース

今や世界のGDPの約10%を占めるなど、注目される観光業でビジネスプランや地域活性化のための施策、ホスピタリティ・サービスなどを企画・実行できる人材をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    観光業界で活躍するための専門知識や企画力、ホスピタリティ・サービス力を養う

    観光産業で即戦力として活躍できる専門知識や実務能力はもちろん、日本を訪れる人々を受け入れるためのホスピタリティや各種サービスの企画などに対応できる授業が充実しています。

  • Point

    2

    観光業界の第一線で活かせる英語力を身につける

    少人数・習熟度別のクラス編成による英語授業とネイティブの教員による個別指導が特徴です。短期海外研修では各国の学生と英語で意見交換を行い、グループで解決策を考える授業などを体験してください。

  • Point

    3

    インターンシップで実践力を養う

    旅行会社、ホテル・旅館、ブライダル企業などの観光関連産業でのインターンシップの機会を提供しています。企業の現場を体験することで、自ら課題を発見し、協力して解決する力やコミュニケーション力を養います。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    専門演習1

    本演習では、日本の基幹産業の一つとして位置づける「観光」について現状を把握しながら、これまでの研究の流れ、観光産業の仕組みや地域の観光振興事業などを、フィールド調査や文献研究などを行い、幅広く学んでいきます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    観光ビジネス概論

    観光の歴史に始まり、専門用語、仕組み、役割、影響、特徴などの基礎知識を学修。その上で現代の観光を社会活動という枠組みでとらえ、多面的に理解します。観光を専門的に学ぶための基礎力を身につける中で、観光についての課題を発見し考察する力も養います。

Pick Up! 教員

グローバルな視点と論理思考で「世界」を舞台に活躍しよう。

世界規模で日々成長、変遷する観光ビジネスに対応するには、多様な分野の基礎的な知識が必要です。人生において最も成長できる貴重な4年間に、グローバルな視点、ロジカルな思考を身につけ、観光という世界をマーケットとする魅力あるビジネス分野で活躍してもらえるようサポートします。

中野 毅准教授

MBA(経営管理修士)。専門分野はマーケティング、経営管理、ブランド・マネジメント。旅行会社を経て、外資系航空会社でグローバル・セールスマネージャーを歴任。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・TOEICⓇテスト
  • ・TOEFLⓇテスト
  • ・実用英語技能検定
  • ・日商簿記2級・3級
  • ・旅行業務取扱管理者(国内・総合)
  • ・旅程管理主任者(国内・総合)
  • ・上級ビジネス実務士Ⓡ
  • ・行政書士
  • ・宅地建物取引士
  • ・実践キャリア実務士Ⓡ
  • ・観光ビジネス実務士Ⓡ
  • ・イベント検定 など

卒業後の進路

航空・鉄道業、宿泊業、旅行業、イベント関連業、公務員 、ブライダル業 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

経営センスと語学力を身につけて航空関連の仕事をめざします。

レベルごとの少人数制英語授業、1年次夏休みのカナダ短期留学がこのコースを選んだ決め手です。英語のスキルアップだけでなく、経営の授業も充実しているので、航空関連の仕事に就くという目標に向け、自身の能力を高めていきたいです。

沖田 竜之介さん   1年

写真