【教育学部】 初等教育コース【教育学部】 初等教育コース

小学校の教育内容に即した教育理論と実践的な指導法を学びます。小学校現場での学校体験活動や実習を通じて、“現場で通用する指導力”に磨きをかけます。同時に教員採用試験を見据えた授業と教員のサポートのもとでの自学自修により現役合格できる実力を身につけます。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    確かな学士力を身につけ、学び続ける教員を育てる

    教育現場のさまざまな問題に対応し解決していくために、1・2年次に教育研究の基礎を学び、3年次からは研究分野ごとのゼミで専門的な学びを深めることで、確かな学士力と、卒業後も現場で実践研究を継続できる力を育てます。

  • Point

    2

    “教える力と技術”を身につける

    小学校での指導経験豊富な実務家教員が、今、求められている知識や指導方法を具体的に伝授します。そこで身につけた知識や技能は、演習や実習を重ねることで、教員になったときに実際に使える力にまで高めます。

  • Point

    3

    教員採用試験現役合格をめざす

    1年次から採用試験を想定した準備を積み重ねることができるよう、独自の教員採用試験対策システムで一人ひとりの学びをサポートし、夢の実現を応援します。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    学校教育論

    学校教育の全体像を理解してもらうために、現代の教育課題および教師の活動についてを学ぶ導入的な授業です。貧困、ジェンダー、学力向上、教育行政など歴史的、社会的、文化的な背景のもと、学校を中心とした教育実践について考え、深める内容となります。

  • 写真

    Pick Up

    2

    社会科指導法

    児童が社会科の楽しさやおもしろさを感じられる授業ができるように、学生自らがフィールドワークなど体験的な活動を実施し、重要なポイントを学びます。それに基づき、指導計画、指導案を作成し、模擬授業に挑戦。検討会を通じて授業の展開方法を身につけます。

Pick Up! 教員

1年次からの手厚いサポートで採用試験合格をめざします。

1年次に始まる教育現場との密接な関わりや、多くの模擬授業を通じて、即戦力としての実践力を持つ小学校教員の育成をめざします。教員採用試験へ向け、入学直後から手厚くサポートします。ピアノ初心者でも十分な技術修得が可能です。アクティブラーニングを重視した学びによって、コミュニケーション能力も培います。

加藤 博之教授

専門分野は学校教育学。学校教育が抱える課題や必要とされる教員の資質能力について研究することによって、求められる教員像を追求し、高い指導力を持つ教員を育成している。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・小学校教諭
  • ・幼稚園教諭
  • ・学校図書館司書教諭資格(※2)
  • ・社会福祉主事(任用資格)(※3) など
  • ※2 小学校教諭一種免許状取得者に限ります。
  • ※3 本学で指定科目を履修し、当該職務に就いたときに発効する資格です。

取得可能な教員免許状

  • ・小学校教諭一種免許状
  • ・幼稚園教諭一種免許状
  • ・特別支援学校教諭一種免許状(※4・5)
  • ほかに保育士資格も取得可能(※4)
  • ※4 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。
  • ※5 申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

卒業後の進路

小学校教員、幼稚園教員、小学校事務職員、公務員、教育関連企業 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

積極的で向上心の強い同級生と高め合いながら学んでいます。

教員採用試験合格率や就職率で結果を残す大学なので志望。1年次から学校現場で教育の「リアル」を体験できるのは魅力です。同級生はみんな積極的で向上心が強く、互いに高め合える関係。教師としてのアイデンティティを築くのに最適な環境だと思います。

和田 栞奈さん  1年生

写真