【教育学部】 幼児教育コース【教育学部】 幼児教育コース

幼児のこころとからだの成長を助ける「保育のスペシャリスト」になるための理論と実践方法を学びます。多彩な講義や実技演習、豊富な実習を通じて、幼児教育・保育を学究的に学ぶとともに、教員・保育士として専門的な力量を身につけます。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    保育理論を専門的、系統的に学び深める

    幼児の発達や心理、ことばや遊びなど、保育に関する専門的な知識や理論を学びます。子どもの発達について幅広い知識と造詣を持つことで、保護者から信頼され、保育現場で子どもとともに学び続けるための基礎を培います。

  • Point

    2

    こころとからだを育てる多彩な保育技術と感性を身につける

    子どもたちにとって魅力あふれる教員・保育士であるためには、音楽や造形、運動など、多岐にわたる指導・保育技術が必要です。経験豊富な実務家教員から多彩で魅力的な保育技術を実技を通じて学ぶことで実践力を高めます。

  • Point

    3

    保育士・幼稚園教諭採用へ確実にステップを踏む

    4年次に控える採用試験を意識してカリキュラムを履修することで、実力と自信を持って試験に臨むことができます。学科試験のみならず、面接試験や実技試験などの実践的なサポートを行います。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    幼児理解

    人間の発達に関わる心理学的知識の養成と、生活と遊びを通じて学ぶ子どもの経験や学修過程を理解することを目的とした授業。演習を中心にグループワークなども取り入れ、保育者の協働、保護者との連携など、現代の保育課題などにも理解を深めていきます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    環境領域指導法

    子どもの発達や学びの過程を踏まえて、具体的な指導場面を想定して保育内容を構想する方法を身につけます。子どもの好奇心・探究心の芽生えを育むすべを理解し、具体的な指導方法を実際に立案。実践的な演習を通じて保育者になるための力を養います。

Pick Up! 教員

豊かな実習経験が、人と関わる力につながります。

授業で学んだことを現場で実践する。この繰り返しの中で学びも深まり、人と関わる力、自ら考え実践する力も磨かれていきます。子どもの成長が最も著しい時期に関わることができる素晴らしい仕事です。さまざまなことに好奇心を持ち、心を開いて、自分の世界を広げていってほしいと思います。

石田 貴子准教授

アメリカの教育思想を「生活と学習」「コミュニティの形成」という視点から研究。近年は、保幼小連携・接続の方法や、カリキュラム、教材などに関する理論研究と実践分析も行う。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・幼稚園教諭
  • ・保育士
  • ・学校図書館司書教諭資格(※2)
  • ・社会福祉主事(任用資格)(※3) など
  • ※2 小学校教諭一種免許状取得者に限ります。
  • ※3 本学で指定科目を履修し、当該職務に就いたときに発効する資格です。

取得可能な教員免許状

  • ・幼稚園教諭一種免許状
  • ・保育士資格
  • ・特別支援学校教諭一種免許状(※4・5)
  • ほかに小学校教諭一種免許状も取得可能(※4)
  • ※4 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。
  • ※5 申請予定。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

卒業後の進路

幼稚園教員、保育士、公務員、教育関連企業 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

子どもと音楽に囲まれて仕事をするのが夢です。

保育士資格と幼稚園教諭免許の両方が取得でき、努力次第で小学校教諭免許取得の勉強もできる点が魅力でした。夢は、認定こども園で子どもと音楽に囲まれて仕事をすること。ピアノが100台以上あり、自由に練習ができる環境が夢を応援してくれます。

三好 真智子さん  1年生

写真