【教育学部】 幼児教育コース【教育学部】 幼児教育コース

幼児のこころとからだの成長を助ける「保育のスペシャリスト」になるための理論と実践方法を学びます。多彩な講義や実技演習、豊富な実習を通じて、幼児教育・保育を学究的に学ぶとともに、教員・保育士として専門的な力量を身につけます。

Close UP! コースの特色

  • Point

    1

    保育理論を専門的、系統的に学び深める

    幼児の発達や心理、ことばや遊びなど、保育に関する専門的な知識や理論を学びます。子どもの発達について幅広い知識と造詣を持つことで、保護者から信頼され、保育現場で子どもとともに学び続けるための基礎を培います。

  • Point

    2

    こころとからだを育てる多彩な保育技術と感性を身につける

    子どもたちにとって魅力あふれる教員であるためには、音楽や造形、運動など、多岐にわたる指導・保育技術が必要です。経験豊富な実務家教員から多彩で魅力的な保育技術を実技を通じて学ぶことで実践力を高められます。

  • Point

    3

    保育士・幼稚園教諭採用へ確実にステップを踏む

    4年次に控える採用試験を意識してカリキュラムを履修することで、実力と自信を持って試験に臨むことができます。学科試験のみならず、面接試験や実技試験などの実践的なサポートを行います。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    保育実習指導

    保育実習を円滑に進めていくための知識・技術を修得し、実習体験を深化させることを目的とします。まずは保育実習全体の流れと意義や目標、内容を把握。そして手続きや計画、記録などについて具体的に学びます。実習後、自己評価や話し合い、実習先評価を踏まえた個別面談などを通じて、実習での到達点と新たな課題を確認します。

  • 写真

    Pick Up

    2

    ピアノ実技 I

    学校教育や保育の現場で豊かな音楽表現活動を実践するために欠かせない、弾き歌いの技能を修得します。模範演奏を見る、歌う、聴く、弾く、書く、弾き歌うという一連の活動を通して現場で必要な曲を中心に演奏技能を身につけ、子どもの音楽性を豊かに引き出すことのできる力を養います。学内には個人練習ができるピアノ練習室も完備しています。

Pick Up! 教員

学べば学ぶほど見えてくる子どもの面白さ、保育の奥深さ。

幼児のこころとからだの成長を助ける“保育のスペシャリスト”になるための理論と実践を学ぶのが本コースです。学べば学ぶほど、子どもの面白さ、保育の奥深さが見えてきます。本学の特徴は、高いレベルの現場実習です。実習における「どうして?」を大切にして、専門的な学びへと繋げてほしいと思います。教育学部での4年間で、育てられるものから育てる者へと、大きな飛躍を遂げてください。

藤崎 亜由子准教授

発達心理学を専門として、幼稚園をフィールドに研究を行っている。テーマは「子どもたちが生き物との関わりを通して学ぶこと」。また臨床発達心理士として幼児期の子どもたちの発達支援に携わるなどの活動にも熱心に取り組む。

写真

めざす資格

  • ・保育士資格
  • ・社会福祉主事(任用資格)※1 など
  • ※1 本学で指定科目を履修し、当該職務に就いたときに発効する資格です。

取得可能な教員免許状

  • ・幼稚園教諭一種免許状

卒業後の進路

幼稚園教員、保育士、公務員、教育関連企業 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

できることを増やしていける大学です。

免許・資格取得や採用試験合格に向けたサポート体制が充実していることから、このコースを選びました。授業には、子どもと教育者の両方の立場になって絵本や紙芝居の教育的機能を考察するという内容もあり、子どもの創造的な遊びを豊かにするために自分が優先して身につけなければいけない課題を発見することができました。

髙山 ふみなさん  1年生

写真

大阪成蹊大学教育学部の3つの免許状・資格取得と万全の教員採用試験・就職対策

一人ひとりの成長をサポートする少人数担任

1年次から4年次まで、専任教員が担任として、個別に学修支援・実習支援・就職支援を行います。クラス・ゼミの学生一人ひとりの学修状況を把握し、進路に即した相談・指導を行います。

写真

1年次 2年次 3・4年次
1・2年次
4〜5クラスに分かれて学ぶ [ 1クラス約30名 ]
3・4年次
教育学ゼミ/国語科教育ゼミ/保育学ゼミ/社会科教育ゼミ/幼児教育学ゼミ/算数科教育ゼミ/教育心理学ゼミ/理科教育ゼミ/教育社会学ゼミ/音楽科教育ゼミ/発達心理学ゼミ/体育科教育ゼミ/教育方法学ゼミ/図画工作科教育ゼミ

教育インターンシップ(2年次)

実習の一環として、学校・幼稚園・保育所(園)に通い、教員の仕事を体験。長期にわたり教育・保育現場での活動に継続的に取り組みます。毎回目的を持って活動し、子どもたちと関わる中で、教育・保育の実像をとらえます。また、日誌を丁寧に書き、振り返りを行うことで3年次の教育実習に向けた基礎力を身につけ、意欲を高めます。

写真

1年次 2年次 3年次 4年次
見学実習
【小学校】【中学校】【高等学校】【幼稚園】
教育インターンシップ ※1
【小学校】【中学校】【高等学校】【幼稚園】
毎週水曜日
教育実習 ※1
【小学校】【中学校※2】【高等学校※2】【幼稚園】【保育所】
4週間
保育実習 ※3
【保育所】【施設】
2年次に保育所へ10日間、3年次に施設へ10日間、
4年次に保育所または施設へ10日間

介護等体験 ※4
【特別支援学校】【社会福祉施設】
合計7日間

※1 教育実習は、2年次から3年次にかけて同一の連携協力校・園にて現場での実習を重ねることで、着実にステップアップできます。
※2 中学校・高等学校での教育実習は、2018年4月以降に実施予定。
 (教育学部教育学科中等教育専攻(仮称)2018年4月開設予定【認可申請中】※計画内容は予定であり、変更する場合があります。)
※3 幼児教育コースのみ
※4 初等教育コース・英語教育コース・保健体育教育コース

充実したサポート体制

  • こども教育研究所

    学校・園と連携して、教育インターンシップや教育実習の環境を整えます。

  • こども教育支援センター

    さまざまな学外実習が円滑に進められるよう、実習先との窓口となり、実践的な学びの機会をコーディネートします。

写真

専門選択科目で学べる、体育、音楽、図画工作領域

国語、社会、算数、理科に重点を置くと同時に、幅広い知識と技能を持った人材を育成するために、体育、音楽、図画工作領域に関しても、専門選択科目が組まれています。子どもを深く理解するための感性を磨き、子どもに寄り添うためのセンスを養います。

写真

教育現場での活用に特化した実践的な「ピアノ教育」

教育学部では音楽教育支援センターのサポートのもと、ピアノ初心者から上級者まで14段階のグレード認定制度を設け、一貫したピアノ教育を行っています。
初心者の方には、楽譜の読み方、音名と鍵盤の対応関係、姿勢、指の形など、基礎的なことから丁寧に進めていきますので、安心して学ぶことができます。特に幼児教育コースではピアノ実技の科目が4年間を通じてカリキュラムに組み込まれていますので、在学中は常にピアノの授業を受けることができます。そして、一人ひとりの個別レッスンカルテを作成し、常に自分の成長を実感しながら次のステップに向かうことができます。また、経験者の方には一人ひとりの経験に合ったカリキュラムや目標の曲を選んで指導し、ピアノ技術をさらに伸ばせるようサポートしていきます。
教材はバイエル、ブルグミュラー、ソナチネをはじめ、現場で必要な弾き歌いの曲、弾いてみたくなる曲を多く使い、教員養成に必要なピアノ技術を楽しく身につけることができます。

写真