【教育学部】 保健体育教育コース【教育学部】 保健体育教育コース

中学校、高等学校、小学校の保健体育科教育に関する専門的な教育理論と実践的な指導法を学びます。運動や健康に関する幅広い学び、教育現場でのインターンシップと実習を通して実践力を身につけ、教員採用試験の現役合格をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    運動や健康に関する高い専門性を身につける

    1年次は、陸上や球技(バレーボール・サッカー・ソフトボール)など実技指導に必要なスキルを身につけ、2年次からの体育科指導法で授業の実際を学ぶとともにスポーツ医科学、予防医学など保健体育科教育の基盤となる応用健康科学を学びます。3年次からは、競技者の指導法を身体のつくりと機能を理解し、科学的根拠に基づいたクラブ指導の専門的理論と高度な指導技術を身につけます。

  • Point

    2

    体育授業・クラブ指導のスペシャリストになる

    生徒一人ひとりの身体の特性を踏まえて、個々の能力や習熟度に応じた体育授業やクラブ指導を行うため、科学的根拠に基づいたコーチングやコンディショニングなどの理論と実践を幅広く学び、高い専門性と指導力を身につけます。また中学校、高等学校での体育やクラブ指導、競技経験のある教員から、安全で効果的な指導法を具体的に学びます。

  • Point

    3

    教員採用試験現役合格をめざす

    中学校、高等学校の教員採用試験に求められる実技、理論、授業力などの高度な専門性を着実に身につけられるよう独自の教員採用試験対策システムで、一人ひとりの学びをサポートします。また、スポーツトレーナーなど生涯スポーツにかかわる進路も視野に入れ、夢の実現を応援します。

授業 Pick Up

  • Pick Up

    1

    中等保健体育科指導法Ⅰ

    体育実技指導を行うための基礎的知識を理解し、具体的技能を身につけます。学年別の特性と「こつ」を深く理解するため、生徒のつまずき例をもとに解決策としての補助法と補助具について学び、指導法を考えます。さらに保健授業について、科学的根拠を基にした保健授業の教材と指導について学びます。

  • Pick Up

    2

    スポーツ生理学演習

    身体の構造や機能、発育発達の特徴を基に、運動やスポーツが身体機能に与える影響や運動効果に関する実践(計測・分析・評価)を通じて学びを深めます。安全で効果的な運動プログラムの作成や指導の実践を目標に、スポーツによる生体応答を直視し、その面白さを追求します。

  • Pick Up

    3

    スポーツ医学

    近年、スポーツ障害やバーンアウトなど、誤ったトレーニングや行き過ぎた指導による心身の問題が課題とされています。運動やスポーツを安全に継続して行うためにも、身体の構造と機能を十分に理解し、スポーツ現場で起こりうるケガのリスク管理や障害予防、再発の予防のための知識と技術を身につけます。

  • Pick Up

    4

    アスレティックトレーニング論

    競技力向上や試合、大会などのあらゆる場面においてベストパフォーマンスを出すことがスポーツ選手には求められています。そのためのトレーニング方法や心身のケア、コンディショニング方法などを具体的に学び、その指導力や選手個々に対応できる力を身につけます。

Pick Up! 教員

身体の構造や機能も深く学び安全で効果的な指導をめざします。

人間の身体の構造や機能、運動刺激に伴うさまざまな生体反応に関する学びを多く取り入れ、安全で効果的な指導ができる人材を育成しています。スポーツ指導は多くの人と関わる分野です。学校体験活動やさまざまなスポーツ活動を通じて、人との関係を大切にし、環境に感謝できる教師を育てたいと考えています。

臼井 達矢准教授

運動生理学、運動免疫学、スポーツ医学を専門とし、運動やストレスに伴う身体の生理学的応答、特に免疫機能への影響に関して研究。免疫力と、運動・生活習慣・自律神経のバランス・疲労やストレスとの関連を探っている。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・中学校教諭(保健体育)
  • ・高等学校教諭(保健体育)
  • ・小学校教諭(※1)
  • ・学校図書館司書教諭資格
  • ・社会福祉主事(任用資格)(※2)
  • ・日本SAQ協会認定 SAQインストラクター資格(申請予定)(※3)
  • ・ライントレーニングラボ ライントレーニングインストラクター資格(申請予定)(※3)
  • ・NESTA JAPAN パーソナルトレーナー資格(申請予定)(※3) など
  • ※1 中学校教諭一種免許状(保健体育)、高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得した上で取得が可能。
  • ※2 本学で指定科目を履修し、当該職務に就いたときに発効する資格です。
  • ※3 本学で指定科目を履修し、かつ、当該資格に関する団体が開催する特別講習を受講した上で、当該資格試験に合格すれば取得できる資格です。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • ・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • ほかに小学校教諭一種免許状も取得可能(※1)
  • ※1 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。

卒業後の進路

中学校教員(保健体育)、高等学校教員(保健体育)、スポーツトレーナー、小学校教員、病院内フィットネス、教育関連企業 、公務員 など

カリキュラム