【教育学部】 保健体育教育コース【教育学部】 保健体育教育コース

中学校、高等学校、小学校の保健体育科教育に関する専門的な教育理論と実践的な指導法を学びます。運動や健康に関する幅広い学び、教育現場でのインターンシップと実習を通して実践力を身につけ、教員採用試験の現役合格をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    運動や健康に関する高い専門性を身につける

    1年次は、陸上や球技(バレーボール・サッカー・ソフトボール)など実技指導に必要なスキルを身につけ、2年次からの体育科指導法で授業の実際を学ぶとともにスポーツ医科学、予防医学など保健体育科教育の基盤となる応用健康科学を学びます。3年次からは、競技者の指導法を身体のつくりと機能を理解し、科学的根拠に基づいたクラブ指導の専門的理論と高度な指導技術を身につけます。

  • Point

    2

    体育授業・クラブ指導のスペシャリストになる

    生徒一人ひとりの身体の特性を踏まえて、個々の能力や習熟度に応じた体育授業やクラブ指導を行うため、科学的根拠に基づいたコーチングやコンディショニングなどの理論と実践を幅広く学び、高い専門性と指導力を身につけます。また中学校、高等学校での体育やクラブ指導、競技経験のある教員から、安全で効果的な指導法を具体的に学びます。

  • Point

    3

    教員採用試験現役合格をめざす

    中学校、高等学校の教員採用試験に求められる実技、理論、授業力などの高度な専門性を着実に身につけられるよう独自の教員採用試験対策システムで、一人ひとりの学びをサポートします。また、スポーツトレーナーなど生涯スポーツにかかわる進路も視野に入れ、夢の実現を応援します。

授業 Pick Up

  • Pick Up

    1

    中等保健体育科指導法Ⅰ

    体育実技指導を行うための基礎的知識を理解し、具体的技能を身につけます。学年別の特性と「こつ」を深く理解するため、生徒のつまずき例をもとに解決策としての補助法と補助具について学び、指導法を考えます。さらに保健授業について、科学的根拠を基にした保健授業の教材と指導について学びます。

  • Pick Up

    2

    スポーツ生理学演習

    身体の構造や機能、発育発達の特徴を基に、運動やスポーツが身体機能に与える影響や運動効果に関する実践(計測・分析・評価)を通じて学びを深めます。安全で効果的な運動プログラムの作成や指導の実践を目標に、スポーツによる生体応答を直視し、その面白さを追求します。

  • Pick Up

    3

    スポーツ医学

    近年、スポーツ障害やバーンアウトなど、誤ったトレーニングや行き過ぎた指導による心身の問題が課題とされています。運動やスポーツを安全に継続して行うためにも、身体の構造と機能を十分に理解し、スポーツ現場で起こりうるケガのリスク管理や障害予防、再発の予防のための知識と技術を身につけます。

  • Pick Up

    4

    アスレティックトレーニング論

    競技力向上や試合、大会などのあらゆる場面においてベストパフォーマンスを出すことがスポーツ選手には求められています。そのためのトレーニング方法や心身のケア、コンディショニング方法などを具体的に学び、その指導力や選手個々に対応できる力を身につけます。

Pick Up! 教員

学校教育現場での実践活動をカリキュラムの中軸に据えています。

本コースでは、学校現場で即戦力となる保健体育教員の育成を目的にしています。そのため、学校教育現場との繋がりを特に重視し、1年次の見学実習、2年次には毎週1回の学校体験活動、3年次以降での教育実習というように、学校教育現場での実践活動をカリキュラムの中軸に据えています。
これにより、大学での講義・演習・実技の授業内容を、学校教育現場での教育活動のなかで総合・統合していくとともに、学生の教育に携わる自覚・意識を高めます。
保健体育教員をめざす高校生の皆さん、是非一緒に、本コースでスポーツや健康などについて幅広く学び、教育現場での活動を通して実践力を身につけ、教員採用試験の合格をめざしましょう。

寳學 淳郎教授

体育原理、体育史

写真

めざす資格・技能検定

  • ・中学校教諭(保健体育)
  • ・高等学校教諭(保健体育)
  • ・小学校教諭(※1)
  • ・学校図書館司書教諭資格
  • ・社会福祉主事(任用資格)(※2)
  • ・日本SAQ協会認定 SAQインストラクター資格(申請予定)(※3)
  • ・ライントレーニングラボ ライントレーニングインストラクター資格(申請予定)(※3)
  • ・NESTA JAPAN パーソナルトレーナー資格(申請予定)(※3) など
  • ※1 中学校教諭一種免許状(保健体育)、高等学校教諭一種免許状(保健体育)を取得した上で取得が可能。
  • ※2 本学で指定科目を履修し、当該職務に就いたときに発効する資格です。
  • ※3 本学で指定科目を履修し、かつ、当該資格に関する団体が開催する特別講習を受講した上で、当該資格試験に合格すれば取得できる資格です。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(保健体育)
  • ・高等学校教諭一種免許状(保健体育)
  • ほかに小学校教諭一種免許状も取得可能(※1)
  • ※1 各コースで定める必修および選択の授業科目を修得した上で、かつそれぞれの免許状·資格取得に必要な授業科目を修得することにより取得できます。

卒業後の進路

中学校教員(保健体育)、高等学校教員(保健体育)、スポーツトレーナー、小学校教員、病院内フィットネス、教育関連企業 、公務員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声1

先生や仲間のおかげで、毎日の授業がとても楽しいです

将来、中学校または高等学校の保健体育の教員として教科指導やクラブ指導をしたいという夢があり、コーチングやスポーツについても深く学べる保健体育教育コースを選びました。
授業では、スポーツに活かせる様々な体の動きや、中学校・高等学校の保健体育で必修の種目、教員採用試験に必要な科目についてしっかりと学ぶことができます。
スポーツ経験者やスポーツが好きな人が多く、授業中もみんな積極的に取り組んでいて、明るく楽しい雰囲気の中で学べるのがこのコースの特長です。先生や仲間のおかげで毎日の授業がとても楽しみになるようなコースなので、保健体育の教員をめざしているのであれば、とてもおすすめのコースです。

斉藤 拓弥さん  1年生

写真

Pick Up! 在学生の声2

夢に向かって、仲間と切磋琢磨しながら学んでいます

中学生の頃、陸上部の顧問の先生から多くを学び、自分も中学校の保健体育教員をめざしたいと思うようになりました。同じ夢をめざしている仲間たちの中で、自分の夢に向かって勉強したいと思ったのが、保健体育コースを選んだ理由です。将来は陸上部の顧問となり、中学時代の恩師がしてくださったように、競技力だけでなく、感謝の気持ちや謙虚な姿勢の大切さなど、人として大切なことを自らの行動で示せるような先生になりたいです。
このコースではスポーツ経験者が多く、みんなが夢に向かって頑張っているので、考え方や取組む姿勢が互いによく似ていて、切磋琢磨しながら学ぶことができます。また、少人数のクラスなので先生との距離も近く、分からないところも気軽に質問でき、毎日の授業が充実していることも大きな魅力です。

吉野 史織さん  1年生

写真