【芸術学部】 テキスタイル・ファッションデザインコース【芸術学部】 テキスタイル・ファッションデザインコース

衣服の主要な素材である布、すなわちテキスタイルを自由自在にデザインできるようになれば、ファッションデザインの可能性は無限に広がります。さまざまな繊維素材、布そのものの質感、染織技法や加工技術の効果、色の組み合わせ、柄の面白さが、テキスタイルをインテリア・デザインへと広げることも可能です。

Close UP! コースの特色

  • Point

    1

    独創性と市場性を身につける

    さまざまなスタイルやテイストのファッションがあふれる現代にあって、いかに独創的で個性的、かつ市場へとつながりうるファッションを提案できるか。それを可能にする大きな要素が、ファッションのフォルムに合わせた色や模様のテキスタイルを他には決してない独自のデザインで創ることです。

  • Point

    2

    設計し、ミシンで縫う喜びを感じる

    デザイン画でイメージした服の形、それを実現するのが設計図にあたるパターンとミシンです。人が着装し動き、一層魅力的にみえる服づくりには、パターンを的確に作成し、きれいに縫い上げる技術を磨くことが必要です。

  • Point

    3

    現場で必要なプレゼンテーション力を養う

    自分のファッションデザイン企画をいかに効果的に伝えるか、また完成したファッションをいかに魅力的に演出して見せ、強く印象づけるか。これらをプロフェッショナルな教員による授業や、ファッションショーでの実践を通じて学びます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    造形芸術専門演習7(シャツワンピースの制作)

    自分で制作したテキスタイル素材を使って、身体の構造や機能にあった、着心地の良い服づくりをする授業です。パターンや縫製などの技能も身につけます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    造形芸術専門演習2(デザイン画、縫製基礎)

    デザインの特徴やイメージが伝わるファッション・デザイン画を描くことを目的とします。人物を平面に描いたり、自分のイメージした立体を平面に展開して描写する技術を身につけます。着衣状態の人体を平面から立体、立体から平面に展開する方法などを学びます。

Pick Up! 教員

ファッションデザインで重要なこと。それは、完成するまでのプロセスです。

素材から作るファッションデザインは、完成作品も大切ですが、完成するまでにたどる、アイデアの出し方やトレンドやライフスタイル、新素材などのリサーチ、そしてデザインやサンプル制作などの過程が重要です。日々の授業の中で、一つずつ技術や知識を身につけ、積み重ねていってほしいと思います。どんな小さなデザインや作品でも、自分で制作したものは自分の記録であり、自分自身であるということを意識して4年間を過ごしてください。

コース主任室田 泉准教授

テキスタイルアーティスト。国内外でテキスタイル作品を発表。素材の加工やプリントの可能性を追求しています。

写真

めざす資格

  • ・色彩検定
  • ・Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • ・博物館学芸員 など

取得可能な教員免許状

  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ・中学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

アパレルメーカー、テキスタイルメーカー、衣料関係小売業、イベント企画会社、マネキンメーカー、教職 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

失敗しても、軌道修正の方法を探りながら作業する過程が大切。

ミントデザインズさんによる専門演習では、与えられたテーマを掘り下げ、自分のテーマを追求。それをテキスタイルに落とし込み服にするのは大変でしたが、やりがいも感じました。日々の学びを通して気づいたのは、作品づくりは完成だけでなく過程も大切だということ。失敗をしても、軌道修正を考えながら作る大切さを学びました。

覚野 新菜さん  3年生

写真