【芸術学部】 テキスタイル・ファッションデザインコース【芸術学部】 テキスタイル・ファッションデザインコース

衣服の主要な素材である布、すなわちテキスタイルを自由自在にデザインできるようになれば、ファッションデザインの可能性は無限に広がります。さまざまな繊維素材、布そのものの質感、染織技法や加工技術の効果、色の組み合わせ、柄の面白さが、テキスタイルをインテリア・デザインへと広げることも可能です。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    独創性と市場性を身につける

    いかに独創的で個性的、かつ市場へとつ ながりうるファッションを提案できるか。それ を可能にする大きな要素が、ファッションの フォルムに合わせた色や模様のテキス タイルを独自のデザインで創ることです。

  • Point

    2

    設計し、ミシンで縫う喜びを感じる

    デザイン画でイメージした服の形、それを実現するのが設計図にあたるパターンとミシンです。人が着装し動き、一層魅力的にみえる服づくりには、パターンを的確に作成し、きれいに縫い上げる技術を磨くことが必要です。

  • Point

    3

    プレゼンテーション力を養う

    自分のファッションデザイン企画をいかに効果的に伝えるか、また完成したファッションをいかに魅力的に演出して見せ、強く印象づけるか。これらをプロフェッショナルな教員による授業や、ファッションショーでの実践を通じて学びます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    デザイン画基礎(専門基幹演習1))

    デザインの特徴やイメージが伝わるファッション・デザイン画が描 けることを目的とします。描画の基礎(形・質感・色彩)を学び、着 衣状態の人体における平面から立体、立体から平面に展開す る方法を修得します。さまざまな素材の服装の質感や、柄の描 き方をデザイン画に落とし込む表現方法と技術力を養います。

  • 写真

    Pick Up

    2

    ファッションデザイン・制作(専門展開演習5)

    ファッション制作の上で欠かすことのできないアイテム制作物 として各自の制作したテキスタイルを用い、シャツに仕上げま す。また、課題の縫製、仕上げを平行して行います。各自がコ ンセプトを設定し、リサーチから適切な技法、素材を研究しサ ンプル制作を経て作品へ結びつけていきます。

Pick Up! 教員

ファッションデザインで重要なこと。それは、完成するまでのプロセスです。

素材から作るファッションデザインは、完成作品も大切ですが、完成するまでにたどる、アイデアの出し方やトレンドやライフスタイル、新素材などのリサーチ、そしてデザインやサンプル制作などの過程が重要です。日々の授業の中で、一つずつ技術や知識を身につけ、積み重ねていってほしいと思います。どんな小さなデザインや作品でも、自分で制作したものは自分の記録であり、自分自身であるということを意識して4年間を過ごしてください。

コース主任室田 泉准教授

テキスタイルアーティスト。国内外でテキスタイル作品を発表。素材の加工やプリントの可能性を追求しています。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・色彩検定®
  • ・Adobe Illustrator®検定
  • ・博物館学芸員
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(美術)
  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

アパレルメーカー、テキスタイルメーカー、衣料関係小売業、イベント企画会社、マネキンメーカー、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

自分の作品を知ってもらうために必要なことを学んでいます。

「自分のブランドを作る」という課題で、コンセプトやテーマ、素材、技法などをまとめたブック作りに取り組んでいます。今までは、そこまで考えずに作品を作っていたので、人に伝えることの難しさ、リサーチすることの大切さを実感しています。

奥田 寿香さん  1年生

写真