【芸術学部】 インテリア・プロダクトデザインコース【芸術学部】 インテリア・プロダクトデザインコース

身のまわりにある雑貨やアクセサリー、何気なく利用しているカフェまで、生活の背景にはいつもデザイナーの仕事があります。誰もが関わっている“生活”を提案していくことが、本コースでの学び。楽しくて快適な未来の暮らしをつくるプロフェッショナルを育てます。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    ものづくり・空間づくりの基礎を学ぶ

    木材・金属・繊維などの素材体験、平面・立体・色彩構成などの造形基礎、コンピュータ技術を学び、基礎的なスキルを身につけます。

  • Point

    2

    使う人の視点に立って、考える力を養う

    雑貨から住まいまで、暮らしのシーンやニーズに合ったデザインを多様な視点を持って考察し、企画力や発想力を修得します。

  • Point

    3

    発想をカタチに、創る力を身につける

    思い描いたアイデアを実際にデザインし、カタチにする技術を学びます。さらに展覧会、企業との連携により社会に向けて発信する力、伝える力を養います。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    インターナショナルファニチャーフェアシンガポールに出展(プロジェクト演習2・4)

    学びの成果を世界に発信するのが目標。インテリア系では海外のファニチャーショー会場にて展示に使う什器のデザインと制作します。プロダクト系では製品クオリティの雑貨をデザインと制作し、実際に販売することでデザイン力を磨きます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    産学連携PBL(専門基幹演習5)

    産学連携授業を通じ、社会に求められるデザインを学び、提案します。プロダクト系では公共のための製品デザインを多角的に学修。インテリア系では街づくり系課題に取り組み、社会に対する自分の目的・目標を見定める契機とします。

Pick Up! 教員

生活を快適にするデザイン。“ 想い”をカタチにできる授業を。

デザインとは社会をより良くするためのもの。中でも人の生活をより快適にするのがインテリア・プロダクトデザインです。土台になるのは、どうすれば使う人の生活が豊かになるのかという“想い”。それを具体的な“アイデア”へと結びつけ、カタチとして表現する力を育てることが私の授業のねらいです。

造形芸術学科長根津 武彦教授

一級建築士。東京理科大学理工学部建築学科修士課程修了後、ロンドン大学バートレットスクールディプロマ卒業。株式会社根津武彦建築設計事務所を設立。グッドデザイン賞など受賞多数。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・二級・木造建築士 受験資格(卒業後1年間の実務経験が必要)
  • ・Adobe PhotoshopⓇ検定
  • ・Adobe IllustratorⓇ検定
  • ・CAD検定
  • ・インテリアコーディネーター
  • ・色彩検定Ⓡ
  • ・博物館学芸員
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(美術)
  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

インテリアデザイナー、プロダクトデザイナー、建築設計士、家具・プロダクトメーカー、建築関連メーカー、インテリア・雑貨ショップ など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

インテリアとプロダクト、両方学べるのが他にない魅力です。

商業空間のデザイン、特にコンセプチュアルなデザインができるショップデザイナーが夢。そのために必要なインテリア、プロダクトの両方を学べることや、工房で自由に自主制作できるのが魅力です。授業では実際に家をリフォームする実習が印象的でした。

地蔵 敬寛さん  3年生

写真