【芸術学部】 イラストレーションコース【芸術学部】 イラストレーションコース

絵本や挿絵だけでなく、Webサイトやアプリ、イベント看板などに広がりを見せるイラストレーション。 その活躍の場はどんどん拡大しています。さまざまな媒体で自分のスキルを活かすために、基礎から 応用までを幅広く学べるカリキュラム。次世代を担うイラストレーターに最適な環境を整えています。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    描くことの楽しさ、原点を学ぶ

    イラストレーションの基礎から専門的な発想 力、表現技術まで学び、描くことの楽しさを感じ ながら、表現の幅を広げます。また、制作技術 だけでなく視覚伝達法などを理論的に学び、イ メージを効果的に具現化する力も養います。

  • Point

    2

    平面から立体まで、幅広く「描く技法」を学ぶ

    基本となる、手描き、デジタルイラストのほか、立体表現としての絵本やフィギュア制作、アニメーションまで多様な表現技術を経験することで、「描く技法」を修得します。将来、イラストレーションに関わる職業選択の幅を広げます。

  • Point

    3

    職業を意識して、イラストレーションを学べる

    職業としてイラストレーションを活かす上で大切な「必要とされる絵が描ける力」。本コースでは、プロからの指導やインターンシップの機会を通じて、ビジネスとしてのイラストレーションの必要性と、さまざまなデザイン手法を実践的に学びます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    描画演習(基礎実習2)

    イラストレーションでは、デフォルメの技術を用い、モチーフを 誇張、変形し、自由に表現することが可能です。その前段階 として、空間を把握して描く力、画材を扱う技術は欠かせませ ん。本授業では、あらゆる表現の根幹となる写実描写力を高 め、イラストレーション制作に応用する技術を養います。

  • 写真

    Pick Up

    2

    キャラクターデザイン(専門展開演習5)

    広告やファンシーグッズに展開されるキャラクターをデザインしま す。3DCG作成ソフトのZBrush Coreを用いて、3Dモデルを作成 し、それをCGイラストとして、グッズ展開や3Dプリントした作品を制 作することで、デジタルの3D技術がさまざまなジャンルで使われて いることを意識してニーズのある作品制作をめざしていきます。

Pick Up! 教員

積極的に発表することでイメージを具現化。 社会で役立つ意思伝達能力も身につきます。

平面、立体にこだわらず、自分らしい表現を探求し、その表現のクオリティを高めていくことを目標に作品の制作を続けます。また作品を展覧会やイベントなどで積極的に発表し、経験を積み重ねることで、自分なりのイメージを具現化する力を養い、また将来の仕事や人脈づくりにもつなげます。大学での学びを通じて、意思伝達能力なども確実に身につけてほしいと思います。

コース主任大村 みな子准教授

さまざまな素材の特性を生かした立体造形教育、デザイン基礎研究を行う。

写真

めざす資格・技能検定

  • ・Adobe Photoshop®検定
  • ・Adobe Illustrator®検定
  • ・Webクリエイター検定
  • ・色彩検定®
  • ・博物館学芸員
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(美術)
  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

イラストレーター、絵本作家、キャラクターデザイナー、デザイン事務所、印刷会社、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

大学生活は自分次第。成長できる環境があります。

良い意味で「変わった」先生が多いこと、1年で実技の基礎をしっかり学べることが魅力。やる気があれば、その分先生も応えてく れます。先生に作品を「面白くない」と言われ、別案を必死で仕上げた結果、ほめられたことも良い思い出です。

久保 愛理さん  3年生

写真