【芸術学部】 マンガ・デジタルアートコース【芸術学部】 マンガ・デジタルアートコース

基本的な知識から実際の制作に至る応用技術まで、マンガ・イラスト制作のノウハウを、現場の第一線で活躍するプロに学びます。近年人気のライトノベルの表紙絵や挿絵などに見られるマンガ・イラストレーションとしての「世界観・キャラクターづくり」まで、4年間を通じて計画的に学ぶことで想像力とスキルを高めます。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    プロのトップクリエイターから直接学ぶ

    マンガ、イラスト、ゲーム、SNSなど、業界の第一線で活躍するプロのクリエイターが、一人ひとりの個性に合わせて直接指導します。

  • Point

    2

    実習授業で、時代に即した技法を修得

    マンガ、イラスト表現の多様化するニーズに応えられるよう、最新のデジタルツールを駆使し、時代に即した技法を実践的に学びます。

  • Point

    3

    伝えるためのコミュニケーション力を修得

    自分の作品が読者にどう伝わるかをつねに考える習慣づけをし、企業連携やコンテストなど外部との関わりの中でプロをめざします。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    企画・プロデュース論

    さまざまなエンタテインメント企画のアイデア出し、発想方法の 実例をプロから学びます。「想像力」と「伝え方」の2つの軸を メインに自ら企画を考え、取材し、実践します。結果、この授業 から就職やデビューにつながった学生も数多く、貴重な経験 となっています。

  • 写真

    Pick Up

    2

    デジタルイラスト制作(専門基幹演習3)

    最先端のデジタルツールを使用して、イラストを制作するために 必要な応用技術とデザイン力を修得します。また、文章から的 確にイメージする力や、描写力、観察力などを身につけ、イラス トコンペティション応募に向けての作品を複数点制作します。

Pick Up! 教員

時代が求める最先端の技術と、時代に左右されない考え方を
4年間でじっくりと学ぶ。

デジタル化が進む近年、マンガやイラストレーションもアナログだけではなく、コンピュータを使って描けなければ仕事にならない、というような時代に差しかかってきています。大学の4年間では、基礎から応用まで、最先端の技術を身につけることはもちろん、プロとして業界で生き残っていくための「考え方」や「発想」を学んでいただきます。

コース主任野口 周三特別招聘教授

週刊少年ジャンプにて記録的大ヒットとなった「スラムダンク」(井上雄彦著)のスタッフとして活躍。赤塚賞など、数々の賞を受賞し、マンガ家として著作を多数発表。また映画・アニメのプロデューサー・ディレクター、脚本家としても活躍。

写真

めざす資格・技能検定

  • Adobe Photoshop®検定
  • ・Adobe Illust®ato®®検定
  • ・Webクリエイター検定
  • ・色彩検定®
  • ・博物館学芸員
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(美術)
  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)

めざす卒業後の進路

マンガ家、イラストレーター、デザイン事務所、ゲームデザイナー、グッズデザイナー、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

明確な目的を持って絵を描くようになった。

各コースに第一線で活躍中の先生方がおられ、業界の詳しい話を聞けるのがこの学部の魅力のひとつです。入学後は、何を 伝えたいのかという明確な目的を持って絵を描くようになりました。技術面と精神面の両方でもっと成長していきたいです。

大導寺 真与さん  2年生

写真