【芸術学部】 アニメーション・キャラクターデザインコース【芸術学部】 アニメーション・キャラクターデザインコース

アニメーター、キャラクターデザイナー、イラストレーターはもちろん、ゲームデザイナーをめざす人にもふさわしいのが本コースの学び。プロと二人三脚で創り上げる授業内容で、技術だけでなく、ビジネスプランやマーケティングといったプロデューサーに求められる能力の開発にも取り組みます。

Close UP! コースの特色

  • Point

    1

    幅広いジャンルの表現手法を学ぶ

    アニメ、ゲーム、映像、アプリなど、さまざまな媒体での表現手法を学び、ジャンルを問わず活躍できるクリエイティブ力を養います。

  • Point

    2

    エンターテインメントの現場を学ぶ

    商業用に使用されたデジタルデータを教材として使い、実践的にエンターテインメント・メディアの技術を学びます。

  • Point

    3

    業界での活躍につながるスキルを身につける

    監督やプロデューサーに必要な力のほか、デザイン力、企画力、音響技術など幅広いスキルを身につけ、企業連携やコンテストへの応募を通じて、エンターテインメント業界への就職へとつなげます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    造形芸術専門演習11(3DCG)

    最新の3DCG制作ツール「ZBrush」を使って、より高いレベルの作品作りに挑みます。実習中心の講義を行う中でも、プレゼンテーションに重きをおくことで伝達力を身につけます。また、就職活動における作品づくりにも役立ちます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    造形芸術専門演習8(ゲームイラスト)

    実際のゲーム業界の現場を疑似体験しながら、デザイナーとして本質的なスキルアップを計画。数人によるプロジェクトを編成し、授業ごとに課題を制作&提出します。またチーム制作を通して、コンセプション(概念)、デザイン、プロジェクトマネジメントなど現場で必要なスキルを学びます。

Pick Up! 教員

商業にも通用するノウハウを指導。 大切なのは、自己プロデュース能力です。

本コースでは、基礎を修得し、より高度な技術を身につけながら、チーム制作を経験。それらを複合して、最終的に自分の代表作を完成させていきます。実際の現場に沿ったカリキュラム編成となっており、芸術だけではなく、商業にも通用する作品制作を学べるのも特長です。

造形芸術学科長糸曽 賢志特別招聘教授

20歳で巨匠宮崎駿監督に師事し、アニメ演出を学ぶ。現在、映像作家として活動する傍ら、映像技術における研究にも従事。

写真

めざす資格

  • ・Photoshop®クリエイター能力認定試験
  • ・Illustrator®クリエイター能力認定試験
  • ・Webクリエイター能力認定試験
  • ・色彩検定
  • ・博物館学芸員 など

取得可能な教員免許状

  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)
  • ・中学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

キャラクターデザイナー、アニメーション制作会社、映像制作会社、ゲーム制作会社、教職 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

好きなことに没頭できる環境で、自主制作にも挑戦中。

アニメーション作画の授業では、動画の元となる絵を描いてキャラクターを動かす作画を経験。地道な作業ですが、一連の動作がつながって動画ができたときにはなんとも言えない感動がありました。映像関連の仕事に興味があるので、自主制作にも挑戦中。勉強の毎日ですが、素晴らしい環境で好きなことに没頭できるのがとても楽しいです。

松岡 加奈さん  3年生

写真