【芸術学部】 アニメーション・キャラクターデザインコース【芸術学部】 アニメーション・キャラクターデザインコース

アニメーター、キャラクターデザイナー、イラストレーターはもちろん、ゲームデザイナーをめざす人にもふさわしいのが本コースの学び。プロと二人三脚で創り上げる授業内容で、技術だけでなく、ビジネスプランやマーケティングといったプロデューサーに求められる能力の開発にも取り組みます。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    幅広いジャンルの表現手法を学ぶ

    アニメ、ゲーム、映像、アプリなど、さまざまな媒体での表現手法を学び、ジャンルを問わず活躍できるクリエイティブ力を養います。

  • Point

    2

    エンターテインメントの現場を学ぶ

    商業用に使用されたデジタルデータを教材として使い、実践的にエンターテインメント・メディアの技術を学びます。

  • Point

    3

    業界での活躍につながるスキルを身につける

    監督やプロデューサーに必要な力のほか、デザイン力、企画力、音響技術など幅広いスキルを身につけ、企業連携やコンテストへの応募を通じて、エンターテインメント業界への就職へとつなげます。

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    キャラクター造形(専門展開演習1)

    Photoshopの初歩的な機能を使ってペインティングしながら、基本 的な光源の考え方を理解し、身につけます。まずは3灯の働きを正し く理解し、描けるように実践します。応用として人体や身近なものの スケッチをし、複雑な形状を正しく捉える観察眼と意識を養います。

  • 写真

    Pick Up

    2

    デジタルフィギュア(専門基幹演習2)

    ZBrushの操作と知識を使いレベルの高い作品作りに挑みます。3Dデジタ ル彫刻は工程が進むにつれて作業時間が増大するため、本講義では基本 操作の修得を前提としています。レンダリング工程を経て、自身で考えたキャラ クターデザイン画を2D出力し、作品のプレゼンテーションを行ってもらいます。

Pick Up! 教員

商業にも通用するノウハウを指導。 大切なのは、自己プロデュース能力です。

本コースでは、基礎を修得し、より高度な技術を身につけながら、チーム制作を経験。それらを複合して、最終的に自分の代表作を完成させていきます。実際の現場に沿ったカリキュラム編成となっており、芸術だけではなく、商業にも通用する作品制作を学べるのも特長です。

造形美術学科長糸曽 賢志特別招聘教授

10代で巨匠宮崎駿監督に師事し、アニメ 演出を学ぶ。その後「遊戯王」「トランス フォーマー」「夢みる機械」「進撃の巨人」 「SMAPコンサートツアー」等を手掛け、現在 も映像監督として活動する傍ら、映像技術 に関する研究にも従事。

写真

めざす資格・技能検定

  • Adobe Photoshop®検定
  • ・Adobe Illust®ato®®検定
  • ・Webクリエイター検定
  • ・色彩検定®
  • ・博物館学芸員
  • ・学校図書館司書教諭資格(※1) など
  • ※1 小・中・高等学校教諭一種免許状いずれかの取得者に限ります。

取得可能な教員免許状

  • ・中学校教諭一種免許状(美術)
  • ・高等学校教諭一種免許状(美術)

卒業後の進路

キャラクターデザイナー、アニメーション制作会社、映像制作会社、ゲーム制作会社、教員 など

カリキュラム

Pick Up! 在学生の声

知識が増えるほどにやる気がアップ。将来とじっくり向き合える4年間です。

専門知識も一般教養も学べて、4年間かけてじっくりと将来を考えられる芸術学部。映像や3D模型などのさまざまな知識を吸収するほどに「もっと知りたい」という気持ちがアップ。アニメーションを学ぶうちにその楽しさの虜になり、卒業後はアニメーターとして働くことになりました。

紅谷 希さん  4年生

写真