OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 本学職員の青山選手が大阪選手権女子400mで日本歴代2位のタイムで快走、大会新記録も樹立

本学職員の青山選手が大阪選手権女子400mで日本歴代2位のタイムで快走、大会新記録も樹立

2020.07.28

お知らせ

大学から

2020年7月23日(木・祝)、24日(金・祝)にヤンマースタジアム長居で開催された「第88回大阪陸上競技選手権大会兼大阪府民体育大会陸上競技の部」にて、大阪成蹊大学卒業生で本学職員の青山選手(大阪成蹊AC)が、女子400mの予選で日本記録に迫る歴代2位のタイムとなる大会新記録を樹立しました。
この大会で青山選手は、女子200m、女子400mで優勝し、2冠を達成しました。

【大会結果】

青山 聖佳(大阪成蹊AC)

女子200m 決勝 1位 24秒17
女子400m 決勝 1位 54秒11
予選 52秒38 大会新記録 日本歴代2位

青山さんは「自己ベストと思いましたが、52秒台の前半が出てびっくりしています。春からしっかり練習できたのがよかった。」と喜びを語りました。


写真提供:月刊陸上競技