卓球部

創部から、着実に関西学生リーグを勝ち上がり、2019年には男女共に2部昇格を果たし、敢闘賞に選ばれるなど活躍。 全日本インカレや、全日本選手権にも出場するなど目覚ましい飛躍を見せています。

クラブ紹介

創部 2018年
部員数 21名
    男子12名(1年生4名、2年生6名、3年生2名)
    女子9名(1年生5名、2年生1名、3年生3名)

主な戦績

2021年度 ・2022年全日本卓球選手権大会 男子シングルス 出場 女子ダブルス ベスト16
・第54回会長杯争奪卓球大会 女子団体 優勝 男子団体 3位 男子シングルス 優勝
 男子ダブルス ベスト8 女子シングルス ベスト4 ベスト8 女子ダブルス 優勝
・第88回全日本大学総合卓球選手権大会(個人の部)女子シングルス ベスト16
・第87回全日本大学総合卓球大会(個人の部)関西予選 女子シングルス 優勝
・第90回全日本大学総合卓球選手権大会 関西予選 男子団体 7位 女子団体 4位
・第90回関西学生卓球選手権大会 女子シングルス 優勝
2020年度 ・2021年全日本卓球選手権大会 男子シングルス 出場 女子シングルス ベスト32
・第6回オール西日本大学卓球選手権大会 男子シングルス 決勝リーグ出場 女子シングルス ベスト8
・令和2年度全日本卓球選手権大会熊本県予選会 男子シングルス 優勝 ベスト16
・第89回関西学生卓球選手権大会 女子シングルス 優勝
・令和2年度関西学生卓球秋季リーグ戦 男子 2部 2位 女子 2部 2位
2019年度 ・オール西日本大学卓球選手権大会 女子シングルス ベスト8
・2020年全日本卓球選手権大会 ミックスダブルス 出場
・秋季関西学生リーグ 男子女子 2部昇格
2018年度 ・秋季関西学生卓球リーグ 女子3部昇格 4部校敢闘賞
・第52回会長杯争奪卓球大会 女子シングルス 優勝

指導者

写真

  • 村上 恭和

    卓球部アドバイザー

    2008年北京オリンピック終了後より日本代表監督を務め、2012年ロンドンオリンピック女子団体では、男女を通じて日本卓球初のオリンピック銀メダルを獲得、2016年リオデジャネイロオリンピック女子団体では銅メダルを獲得、幼稚園児からシニア選手の指導に精通している。
    日本生命卓球部総監督を務めるとともに、2017年に本学園卓球部アドバイザーに就任、本学園卓球部の強化を推進している。

写真

  • 川嶋 崇弘

    男子卓球部監督

    元プロ卓球選手。現在川嶋卓球教室を主宰、ジュニアからシニアまで幅広く卓球を指導している。そしてその教室より小学生・中学生世代の全国大会において優勝などの優れた戦績を残している。着実に関西学生卓球リーグを勝ち上がり、いよいよ本年度は1部昇格を狙う。

写真

  • 皆川 顕一

    女子卓球部監督

    元日本卓球協会女子ジュニアナショナルチーム強化スタッフ(皆川優香担当)、貝塚市の日本生命体育館を拠点とするジュニアアシスト卓球アカデミーコーチを担い、ジュニアの女子卓球の指導には定評がある。就任以来着実に成果を上げ、スペインリーグ参戦や関西学生卓球リーグ女子2部昇格の実績のもと、本年度は1部昇格を狙う。