教員紹介

准教授

李 美花

LEE Mihwa

主な担当科目

ビジネス文化論/ 専門演習3~6/ 現代産業論1/ マーケティング入門/ 企業マーケティング応用/ インターネットビジネス/ サービスマネジメント

所属 経営学部
最終学歴・学位 立教大学・博士(経営学)
立教大学・修士(経営管理学)
専門分野

フードサービス、サービスマーケティング、チェーン経営

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・『日米企業のグローバル競争戦略』「第10章 サプライチェーン経営の進化における共通性と対称性:ウォルマート×セブン&アイ・ホールディングス」共著、平成20年10月、名古屋大学出版会p.406(pp.248-263)塩見 治人 (編集)・ 橘川 武郎 (編集) 編者。(共著者)橘川武郎、米倉誠一郎、原泰史、夏目啓二、宇田理、他16名。(分担執筆者)高岡美佳)
・経産省事業DMO経営人材育成プログラム「観光地経営を担う日本版DMOの人材育成プログラム事業」のDMO教材作成(第4分科会)、共著、平成29年3月、近畿大学経営学部、担当:第5回(観光と飲食業:理論編)、第6回(観光における飲食業:事例編~観光資源としてのガストロノミーの活用と飲食店の役割~)

 【論文】
・空き家古民家の活用に関する一考察~その一:徳島県神山町「カフェオニヴァ」レストランを中心に、単著、平成30年3月、大阪成蹊大学『大阪成蹊大学紀要』第4号
・日本の「食の街道」と欧米の「フードトレイル」の比較研究、単著、平成30年2月、日本観光研究学会『観光研究』第3号。
・食を中心とした新しいパースペクティブからインバウンドを考える、単著、平成29年3月、大阪成蹊大学『大阪成蹊大学紀要』第3号
・外食企業の国際マーケティング戦略に関する事例調査、単著、平成27年10月
・フランチャイズ・システムにおけるハイブリッド組織形態の決定要因、単著、平成22年11月
・日本における外食産業とフランチャイズ市場、共著、平成26年11月、韓国経営学会『定期学術シンポジウム』第33次。p.481
・Case of marketing strategy of the Nagano Winter Olympics、単著、平成26年6月、Korea Tourism of Journal, Vol.33。pp.548-577.
・メガイベントとしてオリンピックに関する一考察(A Study on the Olympic as a mega event)、単著、平成26年2月、大阪成蹊大学『研究紀要』 第2号
・日本における水産練り製品メーカーの先進経営事例、単著、平成25年2月、韓国日本近代学会『日本近代学研究』第39集。p.377
・(博士学位論文)組織形態とダイナミズム‐外食チェーン企業におけるハイブリッド組織の生成を中心として‐、立教大学、経営学(博士)甲第273号、平成22年3月
・(修士学位論文)韓国における多国籍外食企業の進出と戦略に関する調査、立教大学、経営管理学(修士)第09001272号、平成18年3月

【学会発表等】
・韓国発外食チェーンが売れない本当の理由、平成29年11月11日、韓国調理学会、2017年第76次定期秋季学術大会、国立中央博物館 大講堂
・日韓の食文化の相違と理解、平成29年7月1日、東アジア美食文化観光国際フォーラム
・Management of the food trail in Japan、平成29年6月24日、The 1st Global Congress of Special Interest Tourism & Hospitality,
・ツーリズムから見た郷土料理とオーセンティシティ、平成2810月22日、韓国調理学会、2016年第73次定期秋季学術大会、京城大学第1ヌリ生活館(28号館)デジタルイメージホール
・「食の魅力を関西から世界へ発信」関西の食の魅力発信、平成28年5月21日、日本観光研究学会関西支部第13回意見交換会 「関西の“食の魅力”と“観光”を考える」セミナー阪南大学あべのハルカスキャンパス(ハルカス23階)
・Cases of International Tourism Promotions Using Japanese Food Culture、Jun,2,2015、Pan-Pacific Conference XXXI in Hanoi, Vietnam
・地産地消(地産地消)運動とグリーンツーリズムに関する事例研究、平成27年5月2日、2015韓国調理学会 春期定期学術大会 主題発表、キョンギ大學校 ソウルキャンパス ブランクホール
・日韓の外食産業の現況と発展方向、平成27年4月25日、第34回韓国外食経営学会 春季学術シンポジウム 基調講演、ソウル市 国会議員会館 大会議
・外食企業の国際マーケティング戦略に関する事例調査、平成27年2月、フードサービス学会 第10回研究助成(中間報告会第2次)

【その他】
<受賞・表彰歴>
・韓国日本近代学会(学術賞)、平成29年 11月
・立教大学大学院ビジネスデザイン研究科 優秀論文賞、平成18年 3月
・長安専門大学 理事長賞 (卒業生最優秀) 、平成11年 2月

<寄稿>
・食品外食経済新聞(電子版)オピニオン「時論」(韓国・ソウル)コラム執筆、平成27年 6月、 7月、9月、10月、12月、平成28年 2月
・特集記事「大阪のワイン:商業経営専門誌『月刊酒類ジャーナル』、平成27年 7月~ 11月
・特集記事「豚肉はサムギョプサルで攻める!人気の韓流メニュー導入の基礎、平成25年4月、「K-POPアイドル人気が追い風になる―韓国料理の新傾向とメニュー設計」:経営専門誌『月刊飲食店経営』㈱商業界(東京・港区)、平成23年7月、「韓国の成功者達:韓国外食市場の特徴と日本とのパートナーシップを聞く」平成18年2月、「日本に続々と上陸する韓国外食チェーンの実力度」、平成20年8月
・連載記事「アジア繁盛現象ジャーナル:韓国マーケット」コラム担当:「アジア繁盛現象ジャーナル:韓国マーケット」、『飲食店経営』、商業界。平成17年8月1日~平成20年12月31日

<免許・資格>
簿記二級、韓国料理調理技能師、日本料理調理技能師、食品衛生責任者
所属学会 日本フードサービス学会、韓国調理学会、韓国外食経営学会

学生へのメッセージ

「人一能之,己百能之;人十能之,己千能之」出典:『中庸』二十章。

→他人が一回で出来るのであれば、自分は百回努力し、他人が十回で出来るのなら、自分は千回努力する。