教員紹介

准教授

山岡 淳

YAMAOKA atsushi

主な担当科目

成蹊基礎演習1・2/ 専門演習1/ 公共データ分析/ 経営特論Ⅰ・Ⅱ/ スタディスキルズ2/ ビジネスデータ分析/ 公共政策フィールドワークⅠ/ 公会計論

所属 経営学部
最終学歴・学位 神戸大学大学院 経済学研究科 博士前期課程修了
神戸大学大学院 経済学研究科 博士後期課程単位取得退学・博士(経済学)
専門分野

医療経済学、社会保障、地域創生

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・『成長幻想からの決別-平成の検証と令和への展望』勁草書房、2020年(第10章「新型コロナウィルス流行下における住民の受療行動の変化」)
・『介護関連施設における救急搬送要請に関する調査研究報告書』医療経済研究機構、2015年

【論文】
・Higashi H, Takaku R, Yamaoka A, Lefor AK, Shiga T. The Dedicated Emergency Physician Model of emergency care is associated with reduced pre-hospital transportation time: A retrospective study with a nationwide database in Japan. PLoS One. 2019 Apr 16;14(4)
・Takaku R, Yamaoka A. Payment systems and hospital length of stay: a bunching-based evidence. International journal of health economics and management. 2019 Mar;19(1):53-77.
・山岡淳「日本の救急医療体制の現状と財政的課題」,『経済社会学会年報』第38号, 2016.
・中島民恵子・沢村香苗・山岡淳「単身要介護高齢者に対するケアマネージャーによる在宅継続支援の実態と課題」『社会保障研究』第1巻第1号, 2016年.
・山岡淳「介護関連施設における救急事例」, 『ふれあいケア』第22巻4号, 2016.

【学会発表】
・山岡淳「レセプトから考える医療経済学」第40会兵庫医療情報研究会, 2020年.
・山岡淳「新型コロナ(COVID-19)流行下における住民の受療行動」, 日本経済政策学会第77回全国大会, 2020年.
・A.Yamaoka. Long-term care insurance system and effect of care prevention program in Japan. BANGI SALAD, 2019.
・山岡淳「乳幼児の急変時における保護者の対応と小児救急電話相談(#8000)」医療経済学会第12回研究大会, 2017年.
所属学会 経済社会学会、医療経済学会、経済政策学会

学生へのメッセージ

大学時代に一人でも多くの人と出会い、話し、ともに汗を流す経験を積み重ねてもらいたいです。その経験が人生の推進力になります。全力でサポートします!